AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

スマートモバイルコミュニケーションズ、AIドライブレコーダーの販売開始


AORINO

スマートモバイルコミュニケーションズは、4月23日より通信機能付 AIドライブレコーダー「AORINO」の販売を開始することを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • 「AORINO」とは、トラブルの対処と予防が可能な先進技術を搭載したドライブレコーダー
  • 危険運転アラート、自動クラウドアップロードなど最先端の運転支援サービス付き
  • 365日オペレーター対応

スマートモバイルコミュニケーションズは、4月23日より通信機能付 AIドライブレコーダー「AORINO」の販売を開始することを発表しました。

AORINO

昨今、国内で社会問題化しているあおり運転、危険運転行為の対策として、ドライブレコーダーを導入されるケースが増えております。しかしながら従来の製品では「起きている事」に対処するものではなく、「起きた事」の記録としての役割しか果たせませんでした。

そこで「AORINO」 は、ドライバーの「大切」を守るため、トラブルの対処と予防が可能な先進技術を搭載したドライブレコーダーでカーライフの新常識を提案します。

■AORINO 5つのポイント

1.PRICE:家計にやさしいサブスクモデル

一般的なドライブレコーダーと異なり、サブスクリプション型のサービスのため、初期導入費用を抑えてドライブレコーダーをご利用いただくことができます。
ご契約期間中は、ドライブレコーダー固有の機能はもちろん、「緊急時110番通報」や「危険運転アラート」、「自動クラウドアップロード」等の、「AORINO」独自の各種サービスをご利用いただけます。

フロントカメラのみ フロントカメラ+サブカメラセット
月額基本料金:550円(税込) 月額基本料金:550円(税込)
本体割賦代金(36回):1,100円(税込) 本体割賦代金(36回):1,430円(税込)
毎月のご利用料金:1,650円(税込) 毎月のご利用料金:1,980円(税込)

※本体割賦代金お支払い終了後の37ヵ月以降は月額基本料金550円(税込)のみでご利用いただけます。

 

2.SERVICE:最先端の運転支援サービス

 

3.HARDWARE:安心の国内メーカー製ハードウェア

<安心の国内メーカー JVCケンウッド製>
株式会社JVCケンウッドは「映像」「音響」「通信」のコア技術を軸としてさまざまな製品・ソリューションを展開。オートモーティブ分野に強みを持つ、ドライブレコーダーの国内大手メーカーです。最新のデジタル技術と厳格な品質基準で高品質な製品を提供しています。

<高精細なHD画質で記録>
高感度COMSイメージセンターを搭載し、ナンバー等細かなところまで鮮明に記録します。
さらに、水平方向145° (※)の広角レンズだから斜め前方方向の死角が少なく広範囲の撮影が可能です。
※フロントカメラ画角です。サブカメラの画角は水平方向約120°です。

 

4.SUPPORT:充実のアフターサポート
<かんたん取り付けサポート>
年間20万台以上の車両への取り付けサービスの提供実績がある株式会社マエカワの品質の高い取り付けサービスを通常価格から1,000円割引のAORINO成約者特別価格にてご利用いただけます。全国幅広いエリアに対応しているので安心してご利用いただけます。

<365日オペレーター対応>
AORINOサポートセンター(※)では365日オペレーター対応で各種申請(契約者様情報変更、オプションサービスの追加・解除変更、サービス解約)、 保守対応受付等、全てのお手続きが可能なためスマートフォンやパソコン操作が苦手な方も安心してご利用いただけます。 ※本窓口はロードサービスではありません。

AORINO新規ご契約と同時にmicroSDカードをご購入いただいたお客様が対象者になります。対象商品は、microSDカード16GBもしくは32GB、 割引金額は税込みで2,500円です。

また、後方車両にドライブレコーダー搭載を知らせるステッカーをご成約者様にも2種類のデザインをご用意しております。

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求