AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

順天堂大学がキャンパスに体温検知と顔認証AIを兼ね備えたセキュリティゲートを導入しコロナ対策を強化


順天堂大学、セキュリティゲート

順天堂大学が、本郷・お茶の水キャンパスの新型コロナウイルス感染拡大防止策を強化するため、体温検知とAIによる顔認証を同時にできる機能を兼ね備えたセキュリティゲートを導入しました。

 

このAIニュースのポイント

  • 順天堂大学が体温検知とAI顔認証を同時に行うセキュリティゲートを導入
  • マスクや眼鏡を外さずに体温を検知、顔認証で防犯セキュリティも強化
  • 医学部の実習など対面で行う授業の危険性を緩和

 

順天堂大学が、本郷・お茶の水大学キャンパスに体温検知とAIによる顔認証を同時にできる機能を兼ね備えたセキュリティゲートを導入しました。
新型コロナウイルスの収束の見通しが立たず、今でも多くの大学が対面授業とオンライン授業を併用しています。

順天堂大学は、医学部等における実習などの対面で行う授業の実施回数が減少し、学生の学修活動に影響が及ぶのを懸念しています。
そこで、感染対策の強化策として、国内の大学で初めてとなる体温検知・AI顔認証機能を兼ね備えたセキュリティゲートを本郷・お茶の水キャンパスのセンチュリータワーに導入しました。
 

■導入したセキュリティゲートの機能について

2020年8月に導入した「SenseThunder-Mini(センス・サンダー・ミニ)」をセキュリティゲートに標準搭載しています。
赤外線カメラにより、マスクや眼鏡を外すことなく、入館時の学生、教職員の体温検知を瞬時に検知し、スムーズな入館ができるようにしました。

また、新型コロナウイルス感染症対策と合わせ、人事データと連携したAIによる顔認証機能を併用することで、更なる防犯セキュリティの向上も実現できています。
 
順天堂大学、セキュリティゲート
 

■設置状況について

本郷・お茶の水キャンパスのセンチュリータワー1階に、合計7台を設置しています。
それぞれ一番右端のゲートは、他のゲートより幅にゆとりをもって設置しており、車いすの方やサイズの大きい台車も通行できるようになっています。
 
順天堂大学 セキュリティゲート導入イメージ
 

 

大学をはじめとした教育機関が新型コロナウイルスの影響を受けはじめてから、一年以上が経ちました。
まだ収束の目処は立たず、生徒たちも思うような学生生活を送れず、歯がゆい思いをしているはずです。

学生生活をサポートするため、順天堂大学は積極的に新たな対策を取り入れています。
今後多くの大学がこういった対策を取り入れることで、生徒と教員双方にとって最適な学修環境を見つけられるかもしれませんね。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求