AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

AIが非接触で採寸!?そごう・西武が新しいお買い物体験を提供


そごう・西武はAI推定採寸アプリ「Bodygram」を導入。Bodygramは採寸データをQRコードの読み取りのみで専用ダッシュボード上で共有できる企業向け採寸データ閲覧サービス「Bodygramマーチャントダッシュボード」の本格提供を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • 『医療AIの知識と技術がわかる本』が、2021年5月26日 (水) に翔泳社より出版
  • AIと医療に関わる昨今の社会状況やAIの医療応用に関する法律を解説し、AIが医療にどのように貢献しているか、事例を中心に紹介
  • 医療AI開発に必要な技術や開発の流れにも踏み込んだ1冊

Bodygram Japan株式会社は、自社開発のAI推定採寸アプリ「Bodygram」のデータを、QRコードの読み取りのみで専用ダッシュボード上で共有できる企業向け採寸データ閲覧サービス「Bodygramマーチャントダッシュボード」を複数企業へ本格的に提供開始しました。

無料アプリ「Bodygram」は、年齢・身長・体重・性別を入力し、服を着たまま、スマートフォンで正面と側面の2枚の写真を撮影するだけで被写体のボディラインを自動で検出し、腹囲・肩幅・手足の長さなど全身25ヶ所の推定採寸が可能になります。

 

 

本格提供がスタートした「Bodygramマーチャントダッシュボード」は、Bodygramアプリのデータシェア機能を活用し、導入に際して特殊な開発工程を必要としないため最短1日且つ安価で導入することが可能。

利用企業・店舗ごとに発行されるQRコードをユーザーが読み取るだけで、「Bodygram」アプリで計測したデータを瞬時に企業・店舗が管理するダッシュボードへ連携できます。専用ダッシュボードの付与のみで完結するサービスの為、手軽に最新の採寸テクノロジーをビジネスシーンに活用可能です。

百貨店大手のそごう・西武はいち早く「Bodygramマーチャントダッシュボード」を導入しました。株式会社そごう・西武 リーシング本部 商品計画部 車田 裕樹氏は「ベテランフィッターも驚くほど」とBodygramの精度を評価しました。

そごう・西武では、コロナ禍でも安心してお客様にお買い物を楽しんで頂きたいという思いから、「Bodygram」のサービスを昨年11月より西武池袋本店とそごう横浜店に導入いたしました。洋服を着たまま2枚の写真を撮影するだけで採寸出来るという手軽さだけでなく、サイズの正確性は、弊社のベテランフィッターも驚くほどです。お客様からも、直接触れずに短時間で採寸してもらえるのはとても便利とご好評頂いております。

また、「Bodygram」のサービスが百貨店に来店するきっかけとなり、特に若い方のサービス利用の体験にもつながっております。サービスを体験頂いたお客様の約6割が20~30代で、体験頂いた方の7割以上が商品の購入につながるなど、新しいお買い物体験を楽しんで頂いています。

非接触ニーズの高まりで新しい接客方法、接客スタイルが求められるアパレル店舗や、商品の身体へのフィット感が購入のハードルになり得る通販などに活用することで新しいお買い物体験を可能ではないでしょうか。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求