AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

『医療AIの知識と技術がわかる本』発売!昨今の社会状況や関連法律を解説

  • AIサービス

『医療AIの知識と技術がわかる本』が、2021年5月26日 (水) に翔泳社より出版されます。AIと医療に関わる昨今の社会状況やAIの医療応用に関する法律を解説し、AIが医療にどのように貢献しているかを、実際に事業化されている事例を中心に紹介する1冊です。

このAIニュースのポイント

  • 『医療AIの知識と技術がわかる本』が、2021年5月26日 (水) に翔泳社より出版
  • AIと医療に関わる昨今の社会状況やAIの医療応用に関する法律を解説し、AIが医療にどのように貢献しているか、事例を中心に紹介
  • 医療AI開発に必要な技術や開発の流れにも踏み込んだ1冊

『医療AIの知識と技術がわかる本』が、2021年5月26日 (水) に翔泳社より出版されます。100ヶ国語対応のSlack向けリアルタイム翻訳アプリ「Kiara」代表の石井大輔氏は韓国医療AIスタートアップVUNOのインタビューを担当しました。

この本では、AI活用がもたらす医療技術の変革をテーマに、病理学や医用工学、解剖学、神経科学、細胞生物学、脳神経外科や内科学、眼科学、放射線医学、手術医学など、基礎医学から臨床医学まで幅広い領域に浸透し始めているAI技術について綴っており、国内外の最新事例や技術、法律と行政の取組みを俯瞰しご紹介した上で、国内においてどのように医療AIを活用していくかを考える1冊。エンジニア、医療AIハード・ソフトウエアメーカやベンダーの企画、営業担当者・医師の方などにおすすめです。

 

 

AIと医療に関わる昨今の社会状況やAIの医療応用に関する法律を解説し、AIが医療にどのように貢献しているかを、実際に事業化されている事例を中心に紹介しています。

医療関連の画像を扱う技術や、電子カルテなど医療関連の自然言語や数値などの系列データを扱う技術など、開発に必要な技術を紹介。医療AIの開発に使われる有名な公開データと提供元をリストアップし、データを扱う心構え、標準的な開発の流れまで踏み込みます。

医師かつ起業家の視点から、課題設定、データ収集、プロダクト開発、機器販売、知財や特許、チームや人材、資金調達やサポート機関など、医療AIの事業化において役立つ情報が満載で、韓国の医療AIベンチャーであるVUNO社とのインタビューから、日本が学ぶべき事柄を考察していきます。

『医療AIの知識と技術がわかる本』は2021年5月26日 (水) に翔泳社から発売されます。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求