AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

日本ディープラーニング協会、高専生によるディープラーニング活用コンテスト「DCON」に出場した高専生の起業を支援する基金を創設

  • AIサービス
  • 業種・業態

DCON ロゴ

日本ディープラーニング協会が、高専生によるディープラーニング活用コンテスト「DCON」に出場した高専生の起業を支援するため、1億円基金を創設。
起業に向けた資金提供と出資を通じて、高専生に大きな挑戦の場を提供します。

 

このAIニュースのポイント

  • 日本ディープラーニング協会が「DCON」に出場した高専生の起業を支援、1億円基金を創設
  • 1企業に対し200万円の資金的支援と、ビジネス・ファインナンス相談、バックオフィス業務支援を提供
  • 高専生の起業という大きなチャレンジを支援し新たなイノベーションの創出に貢献

 

DCONとは、高等専門学校の学生が日頃培った〈ものづくりの技術〉と〈ディープラーニング〉を活用した作品を制作し、生み出される〈事業性〉を企業評価額で競うコンテストです。
このコンテストに出場した高専生の「起業」という大きなチャレンジを支援・伴走し、「ハードウェア×ディープラーニング」によるイノベーションの創出と、高専と高専生の更なる発展に寄与します。
 
DCON トップロゴ
 
今回の起業に向けた資金的支援を通じ、広く高専生に起業の機会を与えます。
また、保護者的株主としての経営の伴走を通じ、高専生起業家にスタートアップの経営に対する実践的な学び の機会・期間を提供します。
そして、更なる高専・DCON の発展に向け、本支援基金の収益を高専・DCON に還元することを意義としています。
 

支援内容は、資金が1 社に対して200万円。
会社設立の資本金、設立費用に充てる資金として100万円、設立された会社に対して、普通株にて100万円への出資を予定しています。
また、保護者的株主として、ビジネス、ファイナンス、その他の面で定期的な相談の実施や、バックオフィス業務の支援をします。
 

これからの未来を担う技術者たちの可能性は未知数です。
日本ディープラーニング協会の取り組みは、そんな彼らの夢を全力でサポートしています。

この起業支援は、日本ディープラーニング協会事務局の申し込みフォームから応募できます。
今後、コンテスト参加者のどのような活躍が見られるのか、とても楽しみです。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求