AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

岐阜県大垣市、新型コロナウイルスのワクチン接種会場に筆談対応と多言語対応を行うAIロボットを導入


ロボコット 設置イメージ

タケロボ株式会社の提供する「ロボコット」が、岐阜県大垣市の新型コロナウイルスワクチン接種会場に導入されました。
1人でも多くの来場者が円滑にワクチンの接種を行えるよう、筆談対応と外国語対応でサポートします。

 

このAIニュースのポイント

  • タケロボが大垣市のコロナワクチン接種会場に「ロボコット」を導入
  • 音声、画面、手書き操作などでAIを活用した各種案内が可能に
  • 外国語翻訳にも対応し、混雑する会場での円滑な案内をサポート

 

AI・ロボットの開発、提供を手掛けるタケロボ株式会社が、大垣市の新型コロナウイルスのワクチン接種会場に、筆談対応と多言語対応を行う、AIロボットの「ロボコット」を導入しました。
 

■ロボコット

音声(認識・発話)、画面(タッチパネル)、手書きを装備し、AIを活用した各種案内を行う、ぬいぐるみを被った、かわいいロボットです。
外国人や、高齢の利用者にとっても活用しやすい機能を搭載しています。
 

■ワクチン接種会場へのロボコット導入と役割

 
ロボコット 設置イメージ
 
ワクチン接種会場には、様々な方々がワクチンの接種に来られます。話すことが困難な方や外国語を話される方へ、円滑にワクチンの接種を行うため、AIロボット「ロボコット」が筆談対応と外国語対応(英語・中国語・ポルトガル語)のサポートを実施します。
 

多くの来場者で混雑が予想される新型コロナウイルスのワクチン接種会場。

ロボコットを導入することで、迅速かつ丁寧な案内が期待できますね。
 

出典:@Press

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求