AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ社、ネクストシステム社と提携し事故・防犯対策用カメラの販売を開始


パナソニックi-PRO製AIネットワークカメラ

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ社は、ネクストシステム社とi-PROカメラアプリケーションパートナーとして提携し、「VP1人作業検知アプリケーション」(※1)の開発、i-PRO製AIネットワークカメラ3モデルを対象機種として販売を開始したことを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • VP1人作業検知アプリケーションで予期せぬ事故や防犯対策ができる
  • i-PRO製AIネットワークカメラと監視映像システムのネットワークディスクレコーダーをアラーム連携することで、リアルタイムでの異常検知と証拠映像の録画・検索が可能
  • 映像監視ソフトウェアを組み合わせることで、遠隔監視ができるため、問題発生時に迅速に対応することが可能
VP1人作業検知アプリケーション

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ社は、ネクストシステム社とi-PROカメラアプリケーションパートナーとして提携し、「VP1人作業検知アプリケーション」(※1)の開発、i-PRO製AIネットワークカメラ3モデルを対象機種として販売を開始したことを発表しました。

本アプリケーションは、製造現場、サーバールーム、薬品工場、金庫、倉庫など、事件事故を防止するために必ず複数名での作業規定があるにも関わらず、1人で作業を行っているケースの検知が可能なため、予期せぬ事故や防犯対策に利用できます。

※1:「VP1人作業検知アプリケーション」をご使用になる場合は、別途WV-XLE001が必要となります。

VP1人作業検知アプリケーション

 

VP1人作業検知アプリケーションイメージ

■「VP1人作業検知アプリケーション」2つのメリット

1. 1人作業の検知による事件事故の未然防止

製造現場、サーバールーム、薬品工場、金庫、倉庫など、さまざまな現場において、事件事故を防止するために必ず複数名で行う作業や立ち入りの規定があるにもかかわらず、1人で作業しているケースを、リアルタイムに検知することで、予期せぬ事故や不正など問題発生に陥るケースの回避にご活用できます。

2. i-PRO製監視映像システムとの連携

本アプリケーションが搭載されたi-PRO製AIネットワークカメラと監視映像システムのネットワークディスクレコーダーをアラーム連携することで、リアルタイムでの異常検知と証拠映像の録画・検索が可能です。さらに、映像監視ソフトウェアを組み合わせることで本部側からの遠隔監視が可能なため、問題発生時に迅速に対応できます。

構成図

 

導入イメージ

 

<VisionPose WEBサイト>

URL: https://next-system.com/visionpose

<VP1人作業検知アプリケーション WEBサイト>

URL: https://next-system.com/visionpose/use/vp-single-person-work

※2:VisionPose、及びVisionPoseロゴは、NEXT-SYSTEM co.,Ltd.の登録商標です。

 

出典:@Press

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求