AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIで混雑状況を可視化・予測する「OPTiM AI Camera」大通りや屋外イベントでも利用可能に

  • 業種・業態

既設の監視カメラを活用し、クラウドで画像解析を行うAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera」に広域モードが追加。群衆が発生しやすい大通りやイベント広場の混雑状況を可視化できます。またAPI連携の機能を追加し、各種アプリケーションやシステムと連携できるようになりました。

このAIニュースのポイント

  • 既設の監視カメラを活用し、クラウドで画像解析を行うAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera」に広域モードが追加
  • 広域モードで群衆が発生しやすい大通りやイベント広場の混雑状況を可視化
  • API連携の機能を追加で各種システムと連携可能に

株式会社オプティムは既設の監視カメラを活用し、クラウドで画像解析を行うAI画像解析サービス「OPTiM AI Camera」に広域モードを追加。群衆が発生しやすい大通りやイベント広場の混雑状況を可視化できます。またAPI連携の機能を追加し、各種アプリケーションやシステムと連携できるようになりました。

 

 

AIモードに「広域モード」が加わったことにより、利用シーンがこれまでよりも多くなりました。詳細モードや標準モードでは難しかった、群衆が発生しやすい屋外の大通りやイベント広場などの場所でも、混雑状況を再現できるようになり、密集状態の可視化が行えます。

 

 

広域モードの追加に加えて、「OPTiM AI Camera」の混雑状況情報を、APIを介してアプリケーションやシステムに提供できるようになりました。連携先のアプリケーションやシステムでは、これまでの混雑状況可視化画像の埋め込みの他に、検知人数等の情報を用いて、任意の形式での混雑状況表示が可能となります。

 

「OPTiM AI Camera」は980円/月から利用可能で、既設の監視カメラを活用できます。ハードウェア導入が不要で、解析結果はWebサイトに埋め込み可能。今後は傘検知の機能が実装予定です。

 

出典:@Press

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求