AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

G検定、シラバス改訂「データ×AI」を明文化

  • 業種・業態

日本ディープラーニング協会が実施するG検定(ジェネラリスト検定)のシラバスが2021年7月実施の「G検定2021#2」より改訂されます。DXが進む産業界における時代のニーズに対応し、「データ×AI」の活用を企画・推進する上で重要となる、AIプロジェクトの計画・データ収集・法律/契約など、より実践的な内容が追加されます。

このAIニュースのポイント

  • 「G検定2021#2」からシラバスが改訂
  • AIプロジェクトの計画・データ収集・法律/契約など、より実践的な内容が追加
  • 詳細キーワードを追加した詳細版も公開

ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す日本ディープラーニング協会(JDLA)は、G検定(ジェネラリスト検定)のシラバスを2021年7月実施の「G検定2021#2」より改訂します。

 

 

今回の改訂では、DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む産業界における時代のニーズに対応、より多くのビジネスパーソンに学んでいただくことを目指して、「データ×AI」の活用を企画・推進する上で重要となる、AIプロジェクトの計画・データ収集・法律/契約など、より実践的な内容を追加。学習の手引きとなるよう詳細キーワードを追加した詳細版も公開しています。

改訂シラバスは2021年7月17日(土)実施予定の「G検定 2021#2」より適用されます。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求