AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

顔認証で非接触決済!雑誌『DIME』のAI無人店舗が新宿にオープン


新宿住友ビルB1Fに未来型AI無人店舗「DIME LOUNGE STORE」がオープン。マスクをつけたまま顔認証で入店、欲しい商品を手にして退店ゲートに進むだけで自動決済されます。『DIME』独自で企画・誕生したオリジナル商品や、担当バイヤーが厳選した商品が並びます。

このAIニュースのポイント

  • 新宿住友ビルB1Fに未来型AI無人店舗「DIME LOUNGE STORE」がオープン
  • 欲しい商品を手にして退店ゲートに進むだけで自動決済
  • AI無人店舗はAmazon Goや高輪ゲートウェイ駅の無人コンビニなどが挙げられる

新宿住友ビルB1Fに未来型AI無人店舗「DIME LOUNGE STORE」がオープン。マスクをつけたまま顔認証で入店、欲しい商品を手にして退店ゲートに進むだけで自動決済されます。『DIME』独自で企画・誕生したオリジナル商品や、担当バイヤーが厳選した商品が並びます。

小学館『DIME』編集部、丸善ジュンク堂書店、株式会社セキュアは3社共同で、未来型AI無人店舗オープンしました。「未来の買い物体験ができる無人型AI店舗」をコンセプトに、AI顔認証システムや入退室管理システム、監視カメラシステム、画像解析ソリューションなど最新AIを駆使した、未来型の無人店舗です。

 

■非接触、顔認証と最新AI技術が盛りだくさん

 

店舗初入店時に、入り口の認証機にユーザー情報を読み取らせ顔情報を登録。顔情報の登録後は、マスクを付けたままでも顔認証で入店できる、コロナ禍における画期的入店システムを導入。

 

 

入店後は、棚から買いたい商品を手に取るだけ。店舗で商品を手に取ると、棚の上部に設置されたディスプレイに、その商品の情報をリアルタイムで表示。『DIME』独自で企画・誕生したオリジナル商品や、担当バイヤーが厳選した商品をリアル店舗で購入できるのは「DIME LOUNGE STORE」だけです。

 

 

商品を購入する際も、マスクを付けたまま、商品を手にして退店ゲートに進むだけで自動決済。退店ゲートのカメラで顔認証を行なうことで決済が完了し、退店できます。

レジいらずの店舗はアメリカのAmazon Goを皮切りに続々展開されています。都内では高輪ゲートウェイ駅内にAI無人店舗「TOUCH TO GO」がオープンし、ローソンも無人コンビニの実証実験を進めています。今後、ますますAI無人店舗が展開されることでしょう。AI無人店舗の動向に注目です。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求