AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

AI-OCRカオスマップを公開!データ入力を効率化、104サービス徹底比較

  • 業種・業態

AIポータルメディア「AIsmiley」は、アナログの書類や帳票をデジタルに変換するOCRツールをまとめた「AI-OCRカオスマップ」を公開します。掲載数は合計104サービス。

■AI-OCRカオスマップを公開

※2021年4月19日作成

 

■OCRとは?

OCRとは、Optical Character Recognitionの略で、日本語では「光学的文字認識」と呼ばれています。紙媒体に印刷された文字や手書きの文字などを読み取り、コンピューター上で利用可能な情報にデジタル化するツールです。紙媒体の文字情報を読み取る場合、デジタル情報に変換するわけですから、WordやExcelといったソフトでの編集も行えるようになるというメリットがあります。

近年では、OCRにAI・人工知能を組み合わせたAI-OCRが主流になりました。大きな特徴として、「文字枠を設けなくても正確に読み取ることができる」という点です。これまでのOCRでも手書き文字を読み取ることは可能ですが、ルールから逸脱してしまうと読み取れなくなってしまうという弱点がありました。申込書などで一般的に用いられている「文字枠」の中にしっかりと文字を収めなければならなかったのです。

その点、AI-OCRは「機械学習」や「深層学習(ディープラーニング)」を行っていくため、あらかじめ決められたルールに則って文字を読み取るのではなく、過去に蓄積された学習データに基づいてルールを見出し、文字の読み取りを行っていきます。

そのため、人それぞれ特徴が異なる手書き文字であっても、特に文字枠を設けることなく正確に読み取ることができるわけです。当然、これを実現するためにはAIが学習するためのデータが必要になるわけですが、そのデータさえ蓄積していけば精度はどんどん高まっていくことになるため、長期的なメリットは極めて大きいといえるのではないでしょうか。

 

■AI-OCRカオスマップ作成の背景

OCRの製品・サービスにはツールによって機能や実現できる内容に違いがありますので、自社の課題は何か、どんな結果を実現したいのかという観点から、それぞれのツールの違いを充分に比較検討することが重要です。

OCRは、書類はもちろん、請求書などの帳票、名刺やナンバープレート、彫刻文字もいろいろなものをデジタル変換できます。RPAを駆使して、自社の基幹システムに処理したデータを出力するなど、活用シーンによって選択するOCRツールも異なります。

今回のカオスマップは、「AI-OCRを試したい」という方から「最新のOCRツールを探している」という方に向け、AIsmileyが独自の主観で、104の製品サービスを取りまとめ、マッピングしたものです。まずは資料を請求いただき、自社に合ったAI-OCR選びの参考にしていただければ幸いです。

AIカオスマップExcel一覧比較資料

AI-OCRベンダー一覧(Excel)

 

■AI-OCRカオスマップの入手方法

「大サイズのAI-OCR カオスマップ(PDF)」と「AI-OCR ベンダー一覧(Excel)」をお求めの企業担当者様は、下記の手順に沿って資料請求下さい。

 

1、下記「AI-OCRカオスマップを資料請求」をクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「AI-OCRカオスマップ」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「大サイズのAI-OCR カオスマップ(PDF)」と「AI-OCR ベンダー一覧(Excel)」をメールにて送付させていただきます。

 

AI-OCRカオスマップを資料請求

 

※本資料はAI-OCRの利用を検討している企業に対して配布しております。同業他社・競合他社への提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。

※このカオスマップはAI-OCRを提供している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求