AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

グンゼ、「膝痛」「腰痛」の予防・改善にAI姿勢分析システムを活用


AI姿勢分析システム「シセイカルテ」が、グンゼスポーツが連携して提供する運動プログラム「メディウェルネス」に関する実証検証の中で、効果測定やモチベーション継続のツールとして活用されます。

このAIニュースのポイント

  • AI姿勢分析システム「シセイカルテ」が、運動プログラム「メディウェルネス」に関する実証検証の中で、効果測定やモチベーション継続のツールとして活用
  • 数枚の写真撮影のみで姿勢の歪みを数値化し、このままだとなってしまうかもしれない未来姿勢を3Dアバターで表示
  • 実験参加者には約20分程度の運動プログラムを8週間継続してもらい、その効果をAIで検証する

PKSHA Technologyの子会社で、3DアルゴリズムとAI身体分析テクノロジーを強みとするSapeetは、自社で開発・運営するAI姿勢分析システム「シセイカルテ」が、グンゼスポーツが連携して提供する運動プログラム「メディウェルネス」に関する実証検証の中で、効果測定やモチベーション継続のツールとして活用されることを発表しました。

「シセイカルテ」は、特別な機材の用意や面倒なセッティングが不要なAI姿勢分析システムです。数枚の写真撮影のみで姿勢の歪みを数値化し、このままだとなってしまうかもしれない未来姿勢を3Dアバターで表示するなど、直感的にわかりやすい形で分析結果として表示します。

グンゼスポーツ「膝痛」「腰痛」の予防・改善の運動プログラム「メディウェルネス」を開発し、大阪府高石市健幸のまちづくり協議会高石健幸リビング・ラボで3月22日より提供・実証検証を開始しました。市民モニター制度「健幸モニター」26名(平均年齢71歳)が参加し、参加者には約20分程度の運動プログラムを8週間継続。

その中で、効果測定と運動効果の可視化による参加者のモチベーション維持を目的として、Sapeetの開発したAI姿勢分析システム「シセイカルテ」も活用します。

 

出典:@Press

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求