AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

牛の分娩の兆候をAIで検出!農家のための画像認識AIシステム「牛わか」発売


牛わか カタログ

ノーリツプレシジョン株式会社が、北里大学獣医学部と共同で画像認識AIによる牛の分娩検知システム「牛わか」を発売。
農家の負担軽減と分娩事故の低減をサポートします。

 

このAIニュースのポイント

  • 牛の分娩の兆候をAIで検出する画像認識AIシステムが発売されます。
  • 分娩房に設置するだけでAIが見守りを開始し、分娩の兆候が見られた時点でスマホに通知
  • 昼夜を問わない分娩監視にかかる労働負担を大幅に削減

 

「牛わか」は、牛の分娩前に特徴的な行動変化(分娩兆候)を最新のサーマルカメラとAI技術により非接触で検出します。
農家へ通知するシステムも搭載されており、カメラとスマホのみで始められ、設置・導入もしやすくなっています。
この製品の導入により、農家の負担軽減と分娩事故の低減が期待できます。

牛わか カタログ

■導入メリット

(1)農家の負担軽減

昼夜を問わない分娩監視にかかる労働負担の軽減に寄与します。
この製品をモニター利用した実証農場を北里大学獣医学部が調査した結果、1日の監視時間が実際に減少したことを確認できました。

導入後の効果 比較

(2)分娩事故の低減

全国の実証農場で蓄積した分娩データを学習したAIが、分娩前に特徴的な行動を高精度に判断し、農家に自動通知します。
また、分娩兆候を検出して農家に通知したとき、分娩房が暗い状態であっても鮮明な画像で房内を確認できるため、慌てず分娩介助にかけつけることができます。

分娩予測・通知の状況

(3)牛に優しく簡単設置

分娩房に「牛わか」を設置するだけで見守りが始まるので、生産者が一頭ずつ機器を取り付ける必要はありません。
アニマルウェルフェア(動物福祉)に配慮した非侵襲の製品で、牛への負担もありません。
また、サーマル画像をもとに牛の動作、姿勢を分析するため、真っ暗な夜間でも昼間同様に利用することができます。

牛わか 通知 スマホ画面
発売日は2021年7月頃。直販または販売代理店を通じて購入できます。
農業に携わっている方は、ぜひ興味を持ってみてはいかがでしょうか。

 

出典:@Press

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求