AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

ライフログテクノロジー、パーソナルトレーニングジムを運営するSACO WORKOUT WELLにAIを搭載した食事・栄養指導DXツールの提供を開始

  • 業種・業態

食事・栄養指導DXツール

ライフログテクノロジーは、SACO WORKOUT WELLに、食事・栄養指導DXツール「カロミルアドバイス」の提供を開始したことを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • SACO WORKOUT WELLは、姿勢解析AIを導入で身体の不調を把握し、より的確なアドバイスが受けられるパーソナルトレーニングジム
  • カロミルアドバイスは、食事や栄養指導がすべてオンライン上で完結できる、指導者向けのウェブツール
  • AIが食事内容を自動で解析・栄養計算が可能

食事・栄養指導DXツール

ライフログテクノロジーは、SACO WORKOUT WELLに、食事・栄養指導DXツール「カロミルアドバイス」の提供を開始したことを発表しました。

 

■パーソナルトレーニングにAIを活用する背景

・海外で学んだ「ワークアウト文化」を日本にも

ライフログテクノロジー代表の迫氏は日本ではまだパーソナルトレーニングが浸透する前に、オーストラリアにてパーソナルトレーニングについて学び、2014年にSACO WORKOUT WELLを開業しています。

日本でワークアウトというと、「健康意識の高い人」や「体型維持にストイックに取り組んでいる人」などが実行しているというイメージがあります。ライフログテクノロジーは、「今健康な人」が「健康資産」を作るために、ワークアウトが当たり前な文化となることを目指しています。

ライフログテクノロジーは、健康増進のためのワークアウト文化醸成ですが、トレーナーや、食事指導に関わる管理栄養士の存在は不可欠であり、ワークアウト文化が根付くことで、それらの職種の雇用機会確保や働き方の幅が拡がっていくことを期待しています。

・アナログ×AIで健康管理が当たり前の世の中に

パーソナルトレーニングは担当するトレーナーの経験など主観が大きく影響します。

トレーニング内容や指導が、トレーナー個々によって異なるのは特に問題はありませんが、身体がどのように歪んでいるのか、どこを矯正すべきかなど、解析や分析には主観を取り除き、客観的である必要があります。

SACO WORKOUT WELLでは、姿勢解析AIを導入で客観的に身体の不調を把握し、より的確なアドバイスが受けられます。

食事指導においても、栄養素の分析は目分量ではなく、目標値に対しての過不足を数値とともにアドバイスすることを目指し、「カロミルアドバイス」を導入することに決まりました。

SACO WORKOUT WELLは、テクノロジーを活用できる場面で活用し、人が介在すべきところでは人を介在させる、ハイブリッドな健康管理を目指します。

 

■AIの活用により、適確なアドバイスが受けれる

AIを上手に活用することで、トレーナーの主観を省き、客観的な情報をもとにより的確なアドバイスをしていくことが理想です。

カロミルアドバイスの利点としては以下の通りです。
1.アプリに登録されているメニュー数が豊富で、お客様の食事記録をするストレスがほぼない

2.お客様はアプリに食事を記録するだけで、AIが自動で計算した過不足栄養と実際の食事内容がトレーナーの管理画面に反映されるため、トレーナーは効率的に食事の指導ができる

3.トレーナーごとに食事指導の内容や方法にバラつきがでにくいため、フランチャイズ展開でも活用しやすい

4.トレーニングと同様に食事も個々人に合わせたアドバイスが必要なため、カロミルアドバイスを活用し“パーソナル栄養士”を普及させること、それに伴う雇用の拡大や、新しい働き方の提供に活用できる

 

SACO WORKOUT WELLは、DXツールなどAIテクノロジーをお客様の健康管理・指導に利用するだけでなく、所属するトレーナーの知識や経験の幅を拡げること、トレーナーや管理栄養士の雇用機会の確保としても活用し、結果として全ての人の健康寿命の延伸に繋がることを目指します。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求