AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

AI生成キャッチコピーでウェディングフォトの問い合わせ1.5倍に


ワタベウェディングはデータアーティストが提供するCVR最適化AIサービス「Microscope」の活用により、同社のWEBページからのお問合せ率(CVR)が最大59%改善しました。「Microscope」はAIがユーザーをセグメントに自動分類、ユーザーごとに適切なキャッチコピーを提案します。

このAIニュースのポイント

  • ワタベウェディングはデータアーティストが提供するCVR最適化AIサービス「Microscope」を活用
  • 「Microscope」はAIがユーザーをセグメントに自動分類、ユーザーごとに適切なキャッチコピーを提案
  • 改善効果をABテストで実証した結果お問合せ率(CVR)が最大59%改善

ワタベウェディングはデータアーティストが提供するCVR最適化AIサービス「Microscope」の活用により、同社のWEBページからのお問合せ率(CVR)が最大59%改善しました。

 

「Microscope」はAIを専門とするデータアーティストとABテスト・パーソナライズを専門とするDLPOが共同で提供するCVRの最適化サービスです。

年々「結婚式」への要望は多様化しており、国内外含めた「リゾート婚」を求める方もいれば、昨今の情勢を踏まえた「フォト婚」を志向する方もおり、それぞれのニーズに応じてWEBページのメッセージングを最適化することがワタベウェディングの大きな課題となっていました。

 

■AIが、WEBサイトの訪問者を最適なセグメントに自動分類

多様化するユーザーの要望に対して、最適なWEBページを用意し続けることは大変に骨の折れる作業ですが「Microscope」はそのすべてを自動化します。まず、「Microscope」はAIを活用し初回来訪者も含めた全ユーザーを、興味関心に応じた複数のセグメントに自動分類します。

ワタベウェディングのWEBページに訪れるユーザーを「Microscope」が自動分類した結果、「フォト関心層」「こだわり層」「結婚以降検討層」という3つのセグメントが生成されました。

 

■AIが、各セグメントに対する最適なキャッチコピーを提案

セグメント生成後、大量のWEBページのキャッチコピーを学習したコピー生成AIが、各セグメントに対して、複数のコピー案を自動的に生成していきます。各セグメントに対応する訴求力の高いコピーを人力で作成するには時間と手間がかかりますが、AIによるデータドリブンで斬新なコピー案やページの文章内容に沿ったコピー案など、幅広いキャッチコピーが生成され、ユーザーの発想拡張まで支援します。

 

■ABテストで、CVRが最大59%UP

セグメント別に生成した複数のキャッチコピーの中から最大の誘引力を持つコピーを選定するためにABテストを行います。今回は、「Microscope」の成果検証のために、元々のクリエイティブに加え、新たにAIが生成したコピー案を追加し、3つのセグメント別に比較テストを実施。ABテストの検証の結果、「フォト婚関心層」「結婚以降検討層」の両セグメントにおいて「Microscope」生成のコピーがそれぞれ59 %、43%のCVR改善という成果を上げました。

 

今回、WEBページを効率運用する余地はまだまだ大きく存在していることが明らかになりました。企業におけるWEB運用者がAIを活用し、ユーザーニーズ別にWEBページを自動最適化していくことは、今後のマーケティングにおいて大きなアドバンテージを生むことができるのではないでしょうか。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求