AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

ZETA SEARCHとSprocketがWeb接客の自動化領域で連携を開始!

  • AIサービス
  • 業種・業態

ZETA、Sprocket ロゴ

ZETA株式会社の提供する『ZETA SEARCH』と株式会社Sprocketが提供する『Sprocket』がWeb接客の自動化領域で連携を開始。ユーザー行動に基づく商品提案で理想的な顧客体験が期待できます。

 

このAIニュースのポイント

    • ZETA SEARCHとSprocketがWeb接客の自動化領域で連携開始
  • ユーザーに最適なタイミングで接客ポップアップを表示、求めている商品ページへスムーズに誘導
  • ユーザー行動に基づく検索機能の表示、商品提案で理想的な顧客体験を実現

 

EC商品検索・レビュー・OMOソリューションを開発販売するコマースとCXのリーディングカンパニーであるZETA株式会社は、「ZETA CX シリーズ」の主力製品であるEC商品検索・サイト内検索エンジン『ZETA SEARCH』と、株式会社Sprocketが開発提供するCRO(Conversion Rate Optimization)プラットフォーム『Sprocket』とWEB接客の自動化領域にて連携を開始します。

ZETA、Sprocket ロゴ
現在、オンラインショッピングの利用者はますます拡大しています。
外出機会の減少によって消費活動にも変化が表れており、衝動的な買い方から熱心に情報収集して熟考する買い方が増加傾向にあります。

そこで今回、快適な商品検索・商品詳細ページへの到達を可能とする『Sprocket』と『ZETA SEARCH』の連携ソリューションの提供が始まりました。
『Sprocket』は、ユーザーのオンライン行動データ(ページ閲覧、スクロール、クリックなど)を活用し、カスタマージャーニーに合わせて最適なタイミングでWEBサイト上に接客ポップアップを表示することで、理想的な顧客体験を実現します。
ユーザーの態度変容を促し、購入や申し込み、資料請求などのコンバージョン率の向上や、離脱率の低下といったKPIの改善を図ることが可能です。

またEC商品検索・サイト内検索エンジン『ZETA SEARCH』は、サジェスト・絞り込み・並び替え・ファセットカウントなどサイト内検索において必要な機能を全て備えた多機能エンジンです。
この機能を活用することで、サイト内のあらゆる情報を活用してユーザーが望む商品へスムーズに誘導することができます。

そして『Sprocket』と『ZETA SEARCH』の連携により、ユーザー行動に基づく検索機能の表示・最適な商品提案と離脱要因となるページ遷移を伴わない商品検索を実現することができるのです。

連携ソリューションイメージ

 

この機能を利用するためには『Sprocket』『ZETA SEARCH』の両製品の導入が必要です。
詳しくは、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求