AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

看護職向け新型コロナ相談チャットボットをエーアイスクエアが運用開始


エーアイスクエアは、日本看護協会の看護職向け新型コロナウイルス関連相談対応チャットボットにおいて、AIチャットボット「QuickQA」の提供を開始しました。看護職からの相談応受体制の強化を目指し、看護職は都合の良い時間に気軽にアクセスして感染対策および働き方についての相談ができます。

このAIニュースのポイント

  • 日本看護協会の看護職向け新型コロナウイルス関連相談対応チャットボットにエーアイスクエアの「QuickQA」を導入
  • 看護職の新型コロナウイルス関連の不安は増加するも随時相談できる体制構築に課題があった
  • AIチャットボットの導入で看護職は都合の良い時間に気軽にアクセスして感染対策および働き方についての相談ができる

株式会社エーアイスクエアは、公益社団法人日本看護協会の看護職向け新型コロナウイルス関連相談対応チャットボットにおいて、エーアイスクエアの開発したAIチャットボット「QuickQA」の提供を開始しました。

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、医療現場は、日々様々な対策・対応に追われています。感染者を受け入れる医療機関のみならず、地域のあらゆる場において看護職は「自施設でとっている感染対策」や「感染対策をしながらのサービス提供」に疑問・不安を抱えながら、国民の健康と安全を守る取組みを続けています。こうした疑問・不安に対し、日本看護協会ではメールや電話による相談対応を行っていますが、対応時間が限られ、かつ、回答に時間を要しました。

現場の疑問・不安を随時相談できる体制構築が必要であるため、日本看護協会は看護職からの相談応受体制の強化を目指し、看護職が都合の良い時間に気軽にアクセスして感染対策および働き方についての相談ができるチャットボットを日本看護協会のホームページに設置しました。

2021年3月22日より公開しており、日本看護協会の公式ホームページ上で看護職ならどなたでも利用することが可能です。看護職の方々が日々の現場対応の中で直面する様々な疑問・不安の迅速な解決へ繋がるよう、エーアイスクエア日本看護協会と連携して継続したメンテナンスを行い、回答精度を向上していきます。

 

出典:PR TIMES

 


QuickQA

社内業務のチャット・WebサイトのUIに対応する、 AIベースのQAソリューション「QuickQA」社内の困ったをQuickQAが解決します! 気になったら資料請求ください。

  • 自社開発の自然言語処理AIエンジンを活用した自動応答システム
  • AIが質問の意味を解析し、最適な回答を提示
  • 機会学習ベースの「自然文検索」とルールベースの「シナリオ応対」のハイブリッド運用が可能
  • 入力された質問を解析してメンテナンスを行い、継続的に回答精度を向上

 

「QuickQA」の詳細ページ

 


このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求