AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

味の素、アスリート向け献立提案AIアプリを開発


味の素がアスリート向け献立提案AIアプリ「勝ち飯®AI」β版を開発しました。「勝ち飯®AI」はアスリートの厳しい栄養基準を満たしながらも好きなメニューを献立に組み込むなど、食事を楽しみ、親子のコミュニケーションを促しながら選手の目標に向けてサポート。AIがユーザに適した献立を提案するアプリです。β版にて限定ユーザテストを開始します。

このAIニュースのポイント

  • 味の素がアスリート向け献立提案AIアプリ「勝ち飯®AI」β版を開発
  • ユーザがアプリ上で必要情報を入力すれば、AIが栄養基準を満たす献立を提案
  • 限定ユーザテストを開始し、サービスの有効性やコンセプトの受容性を確認する

味の素株式会社は、アスリート向け献立提案AIアプリである、「ビクトリープロジェクト®管理栄養士監修 勝ち飯®AI」β版を開発し、ユーザテストを開始しました。

「勝ち飯®AI」は、アスリートの厳しい栄養基準を満たしながらも好きなメニューを献立に組み込むなど、食事を楽しみ、親子のコミュニケーションを促しながら選手の目標に向けてサポート。献立やレシピに関する当社独自のテクノロジーを基盤に、栄養面では当社トップアスリートへの食サポート活動である「ビクトリープロジェクト®」管理栄養士監修のもと開発されました。

「ビクトリープロジェクト®」のサポート現場で使用される栄養計算基準をアルゴリズム化し、ユーザがアプリ上で必要情報を入力すれば、AIが栄養基準を満たす献立を提案します。また、必要栄養価を充たす献立を提案するためのメニューデータベースには、味の素が運営するレシピサイト「AJINOMOTO PARK」のデータを活用。各々のメニューに対し、栄養情報に加えジャンル、季節、調理時間など様々な情報が紐づけられており、AIがユーザに適した献立を提案します。

 

アプリは”選手”と、食で選手をサポートする”調理する人”とがアカウント連携することで利用可能。”選手”は、性別・体重・体脂肪率などの基礎情報に加え、種目(瞬発系、持久系、球技系、その他)や目標(体重を減らす、体重を増やす、現状維持)を選択し登録。日々の体組成をアプリに登録し、食事記録の際に味や食べた量を5段階で評価することでどのくらいの栄養価を摂取したかがわかるとともに、AIがユーザの好みの味や量を学習し、使えば使うほど選手に最適化された献立が提案されるようになります。

“調理する人”は、選手の目標や体組成に応じてAIから提案される献立(10日分、毎食3パターン)から調理するメニューを選ぶことができます。あらかじめ選手が食べられない食材を登録したり、選手からのリクエストメニューを表示することも可能です。

 

 

味の素は2018年に生活者解析・事業創造部を立ち上げ。”食から未来を楽しく”というミッションのもと、”生活者にとってのさまざまな価値”を実現することをすべての起点とし、新たな事業を生み出す部署です。「勝ち飯®AI」の開発にあたり生活者へヒアリングやリサーチを実施した結果、食事によるパフォーマンス向上への関心が高い“一般アスリート・部活生”に、トップアスリートと同様の食サポートプログラムを提供するサービスのニーズが高いことが判明。

さらに中高部活生を子に持つ親にインタビューを行うと「子どもの頑張りを親としても食事の面からサポートしたいと思っており、インターネットや書籍で調べたり講習会に行ったりするが、自分の子どもに置き換えたときにどう栄養計算をしたらよいか、どう献立を組み立てたらよいか、どこまで柔軟性を持たせたらよいかが結局分からない。子どもたちも自分なりに調べて食べるものに気を付けたり、コーチに聞いたりしているようだ」といった声が上がりました。また、コロナ禍において活動休止・縮小となっている部活動も多く、「これまでの“たくさん動いて、たくさん食べよう”といった指導ができなくなっている」といった声も指導者から多く聞かれました。

味の素は「勝ち飯®AI」を通して、これまで味の素がトップアスリート向けに培ってきた栄養計算や高度なサポートの知見を、一般のアスリートにも広く提供し、研究機関やパートナーとの連携、AIなどのテクノロジーやデータの活用、サービスの開発と運用、生活者やパートナーからのフィードバックを通して世の中全体で多様な生活者価値を生み出し、新たな食の楽しい未来の構築を目指します。

「勝ち飯®AI」β版は限定ユーザテストを開始し、ユーザからのフィードバックを通してサービスの有効性やコンセプトの受容性を確認します。

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求