AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

アクサダイレクト、自動車保険の補償内容をAIが提案


アクサダイレクトは、ウェブサイトでの自動車保険の見積り結果画面上で特定の補償内容をAIが提案する「補償おすすめ機能」を開発し、2020年9月より提供を開始しました。

このAIニュースのポイント

  • アクサダイレクトは、ウェブサイトでの自動車保険選びをAIがサポートする「補償おすすめ機能」を開発
  • ビッグデータもとに、AIがリアルタイムで個別の分析を行い補償を提案する
  • 導入後わずか1カ月で成約率5%向上を実現

アクサ損害保険株式会社は、ユーザーの潜在ニーズに応えるため、ウェブサイトでの自動車保険の見積り結果画面上で特定の補償内容をAIが提案する「補償おすすめ機能」を開発し、2020年9月より提供を開始しました。


どんな方におすすめの補償か、保険金額など、補償内容の詳細をイラストを用いて説明

「補償おすすめ機能」は、ダイレクト型自動車保険業界で初めての機能です。100万件以上の契約内容を含む匿名化したビッグデータと、ユーザーが入力した情報をもとに、AIがリアルタイムで個別の分析を行い補償を提案します。ユーザーは補償内容、および保険料に従来よりも納得した検討が可能になりました。2020年9月の導入後わずか1カ月で成約率5%向上を実現しました。


ユーザーと似た条件の方にどれだけ選ばれているか、円グラフで傾向を表示

アクサダイレクトでは、2017年より経営戦略としてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進。2019年12月にはダイレクト型保険会社の生命線である基幹システムの刷新、 ウェブサイトをリニューアルし、見積りから申し込みまで一貫してデジタルで完結できる仕組みを構築。

DXの推進によりデジタルチャネル経由での新規申し込みの割合が90%以上になりました。ビッグデータの蓄積によって、AIによる分析がリアルタイムで行えるようになり、イラストを多用した直感的に理解しやすいデザインで「補償おすすめ機能」を実装するに至りました。今後もアクサダイレクトのDX戦略に注目です。

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求