AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

L is B、全国の自治体向けに「AI-FAQボット for ワクチン接種」を無償提供


AI-FAQボット for ワクチン接種

株式会社L is Bは、問い合わせ対応業務を自動化するサービス「AI-FAQボット」で、新型コロナワクチン接種についての自動問い合わせ対応から予約受付まで対応できる、新型コロナワクチン接種対応業務専用チャットボット「AI-FAQボット for ワクチン接種」の無償提供を開始したことを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • 「AI-FAQボット for ワクチン接種」を活用して、新型コロナワクチン接種の問い合わせから予約受付までを自動化
  • 使い慣れたExcelで質問と回答が設定・管理できる手軽さと、精度の高い独自AIエンジンが特長
  • テンプレートには、新型コロナワクチン接種に関する基本項目が網羅されており事前準備が不要

株式会社L is Bは、問い合わせ対応業務を自動化するサービス「AI-FAQボット」で、新型コロナワクチン接種についての自動問い合わせ対応から予約受付まで対応できる、新型コロナワクチン接種対応業務専用チャットボット「AI-FAQボット for ワクチン接種」の無償提供(※)を開始したことを発表しました。「AI-FAQボット for ワクチン接種」

 

■「AI-FAQボット for ワクチン接種」無償提供の背景

新型コロナウイルス感染症の影響で新型コロナワクチン接種についての問い合わせ対応業務や接種受付業務への迅速な対応が各自治体に求められています。その対応にはシステム開発も必要になり、準備に時間がかかるだけでなく開発・導入費用が高いなど、さまざまな要因で早急な対応が難しいという声が各自治体から上がっています。

そこでL is Bはこのような自治体の課題を解決するため、簡単ですぐに導入できる「AI-FAQボット for ワクチン接種」の無償提供を開始したことを発表しました。

 

■「AI-FAQボット for ワクチン接種」について

「AI-FAQボット」は、ユーザーがチャットボットと会話するだけで求める回答を必要な時に手に入れることができる、問い合わせ対応業務を自動化するサービスです。Webサイトにすぐに設置できるだけでなく、LINEなどのチャットツールとも連携が可能です。使い慣れたExcelで質問と回答が設定・管理できる手軽さと、精度の高い独自AIエンジンが特長です。

また、チャットボットが問い合わせを自動で対応するため、担当者の業務負荷を軽減できます。

今回新たに提供する「AI-FAQボット for ワクチン接種」は、新型コロナワクチン接種について寄せられる”よくある質問例と回答例”や、予約に必要な”受付項目”が設定されたテンプレートを読み込むだけで利用可能になる新型コロナワクチン接種対応業務専用チャットボットです。質問への回答から予約受付まで、24時間365日自動でチャットボットが対応するので、利用者もストレスなく新型コロナワクチン接種を申し込むことができます。

特長①事前準備が不要
テンプレートには、新型コロナワクチン接種に関する基本項目が網羅されており、自治体担当者が質問と回答を考えたり、予約に必要な項目などを新たに作成・準備する必要はありません。

特長②予約管理が簡単
利用者が入力した受付データは「AI-FAQボット for ワクチン接種」の管理画面に自動で蓄積され、csvデータとして簡単にダウンロードできます。

特長③メンテナンスも簡単
質問回答や予約項目を自治体独自の内容へ変更・追加をしたい場合も、Excelで修正するだけです。

※無償提供について 全国の自治体での新型コロナワクチン接種に関するお問い合わせ、受付業務に限り「AI-FAQボット」QA数100問までのプランを1自治体につき1契約を2021年3月10日から2022年3月31日まで無償でご利用いただけます。

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求