AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

【河川水位をAIで計測】画像認識型河川水位監視ソリューションをリリース!

  • AIサービス
  • 業種・業態

河川監視カメラ

株式会社フューチャースタンダードは、「画像認識型河川水位監視ソリューション」を開発しました。既設のカメラ映像から定期的に水位を計測し、河川監視の自動化に貢献します。

このAIニュースのポイント

  • 株式会社フューチャースタンダードが、「画像認識型河川水位監視ソリューション」を開発
  • 既設のカメラ映像から定期的に水位を計測し、河川監視の自動化に貢献
  • ピクセル単位で水位を認識。量水標の設置がないカメラ画像も認識可能

映像解析AIプラットフォーム「SCORER(スコアラー)」を運営する株式会社フューチャースタンダード(本社:東京都文京区、代表取締役:鳥海哲史 以下、フューチャースタンダード)は、「画像認識型河川水位監視ソリューション」を開発しました。既設のカメラ映像から定期的に水位を計測し、河川監視の自動化に貢献します。

 
河川監視カメラ

 

■ 画像認識型河川水位監視ソリューションについて

大雨、台風などの影響による水害抑止のため、国土交通省及び各地方自治体では河川カメラの設置や降雨計の設置など多くの努力をされております。一方で、すべてのカメラを目視で監視することは難しく、属人的な対応が課題として挙がっています。
本ソリューションは、カメラから取得した画像からAIで自動的に水位を判定し、危険水位等の閾値を超えた場合にアラート通知する仕組みを提供することで河川監視の省力化を支援します。

 

■ 製品特徴について

・ピクセル単位で水位を認識。量水標の設置がないカメラ画像も認識可能です。
・国土交通省仕様のCCTVに対応。専用デコーダーの追加なくご利用いただけます。
・独自の河川データセットで学習を行い、高い認識精度を実現しています。

 

■ 製品の仕組みについて

セマンティックセグメンテーションという画素レベルで何が写っているか識別する深層学習ベースの技術を利用します。自動運転で画像から車道を識別したり、医療分野で病変を識別するのに利用されており、この技術を河川画像へ応用することで水位を自動で認識します。また、画像認識に利用するモデルは、認識精度を高めるため独自の河川画像データセットを利用して学習を行っています。
閾値となる検知水位は、ブラウザ画面からドラッグ&ドロップで簡単に設定が可能です。視覚的にも分かりやすい形で設定可能ですので、一度設定した検知水位を管理者側で再設定することも容易です。検知線設定イメージとセグメンテーションによる解析イメージは以下の通りです。なお、本ソリューションに利用している技術は特許出願中です。

<平常時>
平常時

<降雨増水時>
降雨増水時

画像出典:国土交通省 川の防災情報ホームページ
https://www.river.go.jp/portal/
※ 画像右の解析イメージはフューチャースタンダード作成

 

■ ご提供形式と価格について

解析頻度:約40枚/分
提供形式:サーバアプライアンス提供
提供価格:500万円(税別) ~

 

出典:PR TIMES

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求