AIsmiley編集部が作成したAI・人工知能トレンドマガジン

AI・人工知能サービス

2018/12/11

RPAって何ができるの?ツールを比較してみよう! RPAの機能比較

  • RPAツール

RPAって何ができるの?ツールを比較してみよう! RPAの機能比較|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

RPAって何ができるの?ツールを比較してみよう!

オフィス業務の効率化に今後欠かせなくなるとみられるRPA(Robotic Process Automation)。既に数千時間分の業務量が削減できたという事例も登場しています。今回は、代表的な4つのツールを紹介し、特徴を比較してみましょう。

■RPAツール「BizteX cobit」

BizteX cobit は、2015年設立のスタートアップBizteXが提供する国内初のクラウドベースRPAサービスです。クラウドサービスなので、従来型のようにPCやサーバーにインストールする必要もなく、初期費用を最小限に抑えつつ、即日利用を開始することができます。また、リアルタイムで機能改善や新機能のリリースが行われるため、割高な更新費用を支払わずとも常に最新版を利用でき、ストレスフリーな点もクラウドベースサービスの強みです。

業務効率化や生産性の向上は、社内の一部の部署やメンバーだけが取り組むべきものではありません。その点、BizteX cobit利用アカウントの発行数や作成できるロボットの台数は無制限なので、RPAによる自動化に向けて全社的なスタートを切ることが可能なのです。

また、メンバー一人ひとりにロボットを作成する権限が与えられるので、競合企業やサービスに関する情報の収集や、企画書作成のための資料なども容易になります。そのため、「ITやプログラミングは詳しくないけれど、ちょっとロボットの手を借りて作業を効率化したい」というニーズにもこたえられるでしょう。

(参照:TIS INTEC Group「TIS、国内初のクラウドRPA「BizteX cobit」を提供開始」 )

 

■RPAツール「EòRPA(エウロパ)」

RPAツール「EòRPA(エウロパ)」|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

EòRPA(エウロパ)は、RPA導入を断念してきたお客様の味方となるべく開発された製品です。Windows上のアプリケーションやExcelファイル、ブラウザなど、オフィス業務で欠かせないソフトウェアの操作を含むロボットが作成可能です。

従来型のRPAでは、ユーザー企業側でシナリオを作成・修正しなければなりません。そのため、社内に専任者を置く必要があったり、プログラミングの難易度が高かったりという理由から、導入を断念する企業も多くありました。その点、EòRPA(エウロパ)はサービス提供側の日本システム開発株式会社がプログラミングでシナリオを作成するため、専任の担当者は不要なのです。

専門の熟練したエンジニアがシナリオを作成するため、オーダーメイドであってもシナリオ作成期間が短く、また自由度が高くて複雑な業務も発注可能など、拡張性が高い点もメリットとして挙げられます。そして、シナリオの形式には「スクリプト」を採用しているため、自社内に開発経験を持つエンジニアがいれば、自由に開発やメンテナンスを行えることも強みとなっています。

(参照:PR Wire「新しい概念のRPAをオリジナル開発AI・業務自動化展にて発表!」)

 

■RPAツール「RPA Robo-Pat(ロボパット)」

RPAツール「RPA Robo-Pat(ロボパット)」|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

RPA Robo-Pat(ロボパット)は純国産のRPAソリューションです。画像認識でのロボ作成が中心のため操作がわかりやすく、プログラマーやエンジニアなどの専門職がいない企業でも導入しやすいのが特徴です。

対応業務の一例として、経理部門なら給与支払い報告書の作成・印刷や経費精算の会計処理、営業部門ならWEBサイトからの営業用テレマーケティングリスト作成やWEBサイトのアクセス解析データのレポート化などが自動化できます。スタンドアローン型と呼ばれるインターネットに接続しない形式のソフトウェアのため、経理データや顧客情報といった高セキュリティーを要求される情報でも取り扱いが可能です。

初期費用、年間契約などは不要で、契約は月単位で行います。月単位で契約ライセンス数も変更できるため、特定の業務の繁忙期だけ契約数を増やしたいというニーズにもこたえられる上、変動費として経理処理できるのも魅力でしょう。

 

■RPAツール「Automated Machine Learning Tool」

RPAツール「Automated Machine Learning Tool」|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

Automated Machine Learning Toolは、AIデータの分析からプロトタイプ作成まで、ユーザー自らGUI上で簡単に作成できるツールです。

「ビッグデータ」や「データサイエンティスト」といったバズワードへの認知が普及する一方で、データを取り扱うデータサイエンティストについては世界中で不足しています。マッキンゼーの算出によると、AI開発で世界最先端を行く米国でも、高度なアナリティクス・スキルを持つ人材が14万~19万人不足するとみられています。データ分析スキルを持つ大卒者が米国の8分の1しか存在しない日本では、今後データサイエンティストの奪い合いが起きると考えられます。

Automated Machine Learning Toolを利用することで、統計解析や機械学習の専門知識がなくても説得力のあるデータ作りが可能になります。

(参照:総務省「ICTがもたらす世界規模でのパラダイムシフト」)

 

■RPAツールで人手不足に悩む中小企業の業務効率に向けて

RPAツールで人手不足に悩む中小企業の業務効率に向けて|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

既に大手金融機関などでは、RPAの導入が本格化しています。今後は、大企業から中小企業への拡大するフェーズとなるでしょう。人手不足に悩む中小企業の業務効率の切り札として、RPAの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

RPA一覧はこちら|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディアAIsmiley

 

資料請求された方全員にAIsmileyが作成したRPAツール各サービスの比較資料を無料でプレゼント|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

 

◆無料のRPAツール比較資料入手方法

1、RPA製品比較ナビのページから興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックするか、すべてを選択して資料請求するをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmiley担当者より「RPAツール各サービス比較資料」を送らせていただきます。

RPAツールを無料で比較検討されたい方はぜひ資料請求・お問い合わせください。