AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

ジミー大西が「携帯人間AIジミー」になってる、なってるぅ

  • 業種・業態

NTTドコモが「キャラクタ雑談技術」を開発。AIジミーでは、人気お笑い芸人のジミー大西さん本人が作成した対話データをもとに学習したAIを構築することで、よりジミー大西さんらしい対話を実現。ジミー大西さんを再現したAIとの対話が楽しめます。

このAIニュースのポイント

  • NTTドコモは、対話型AIサービスに実在の人物や架空のキャラクターのような受け答えを可能にする「キャラクタ雑談技術」を開発
  • 「AIジミー」はジミー大西さん本人が作成した対話データをもとに学習したAIを構築することで、よりジミー大西さんらしい対話を実現
  • 「ラフ&ピース マザー」のコンテンツの1つで、2021年3月20日(土)から提供開始

NTTドコモは、対話型AIサービスに実在の人物や架空のキャラクターのような受け答えを可能にする「キャラクタ雑談技術」を開発。スマートフォン・タブレット向けアプリ「携帯人間AIジミー」を、株式会社ラフ&ピース マザーが2021年3月20日(土)から提供開始します。

AIジミーでは、人気お笑い芸人のジミー大西さん本人が作成した対話データをもとに学習したAIを構築することで、よりジミー大西さんらしい対話を実現。ジミー大西さんを再現したAIとの対話が楽しめます。

ドコモが「キャラクタ雑談技術」を開発

「キャラクタ雑談技術」は、NTTメディアインテリジェンス研究所の技術にもとづきドコモで開発しました。この技術は、あらゆる対話型AIサービスに様々なキャラクタ性を付与することができる技術です。再現したい人やキャラクターの対話データ(質問、応答)を学習することで、まるでその人やキャラクターと会話しているような高精度な対話型AIを作成可能です。従来の対話型AIでは対話のルールを作成する方法が一般的でしたが、本技術ではキャラクターの対話データを用意するだけで、ユーザーの入力に応じた適切な応答を出力することが可能となります。さらに、ドコモが提供する対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI®」と組み合わせることで、音声認識・音声合成による音声対話を実現することができます。

 

キャラクタ雑談技術を初めて活用した商用サービスであるAIジミーは、株式会社ラフ&ピース マザーが提供する教育系コンテンツ配信サービス「ラフ&ピース マザー」のコンテンツの1つで、人気お笑い芸人のジミー大西さんを再現したAIとの対話をお楽しみいただけます。AIジミーでは、ジミー大西さん本人が作成した対話データをもとに学習したAIを構築することで、よりジミー大西さんらしい対話を実現しています。

「携帯人間AIジミー」は、2021年3月20日(土)から提供開始です。

 

出典:共同通信PRワイヤー

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求