AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

エクサウィザーズとスタジアム、共同開発した録画面接サポートAIサービスの販売を開始


株式会社エクサウィザーズと株式会社スタジアムは、録画面接サポートAIサービス「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」を共同開発し、相互販売を開始しました。録画面接×AIで選考の効率化と高度化を実現し、より「人物本位」の採用を行うことが可能になりました。

このAIニュースのポイント

  • 録画面接×AIで選考の効率化と高度化を実現
  • 人物像という定性評価の合格基準を定量化および可視化することができるため、統一した指標での判定による選考の均質化に繋がる
  • 「人物本位」の採用を行うことが可能

エクサウィザーズとスタジアムが共同開発した録画面接サポートAIサービス

 

株式会社エクサウィザーズと株式会社スタジアムは、録画面接サポートAIサービス「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」を共同開発し、相互販売を開始しました。

 

■人とAIの協働により、応募者の個性を考慮しながら選考の効率化・高度化を実現

従来の選考活動では、エントリーシートによる選考を通過したすべての応募者に面接官が1次面接を実施することで合否の判定を行ってきました。

実施面接数と比例して面接官に負荷がかかってしまうことや、面接官ごとに判断基準が揺れることで自社にマッチした応募者を見落としてしまうことなどが課題でした。

このたび、エクサウィザーズとスタジアムはこのような課題の解決に向け、録画面接サポートAIサービスを共同開発し、相互販売を開始しました。

「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」は、スタジアムが持つWeb面接特化型システム「インタビューメーカー」とエクサウィザーズが持つ動画解析アルゴリズム及びAI予測分析ツールを組み合わせたものになります。

人とAIが協働することにより、応募者の個性を考慮しながら選考の効率化と高度化を実現することができるサービスです。

本サービスでは、録画面接※により実施された選考の判定において、個社毎の選考の特性やポイントを織り込んだAIモデルを活用することで精緻なデータ分析を実施し、面接官の意思決定をサポートします。

これにより、人物像という定性評価の合格基準を定量化および可視化することができるため、統一した指標での判定による選考の均質化が可能になります。

さらに、膨大な採用業務を省力化することで応募者との対話時間を増やすことができます。

そのほか、適性検査などの定量スコアでは見抜くことが難しい応募者の光る個性や人柄をより考慮した、人物本位の採用を行うことが可能になります。

エクサウィザーズとスタジアム両社は、人とAIが協働する本サービスの提供を通じて、応募者の個性を考慮しながら採用活動の更なる効率化・高度化を図ります。

また、安定した判断基準に基づくより公平な選考の実現を目指して参ります。

im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards

「im AIエクスプレス選考 Powered by ExaWizards」導入イメージ

※録画面接:企業側がアップした設問動画に対して、応募者が動画で回答する形式※インタビューメーカーで実施された録画面接については、面接時に応募者から解析利用許諾を取得しております。

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求