AIsmiley編集部が作成したAI・人工知能トレンドマガジン

AI・人工知能サービス

2018/12/5

RPAってどんなことができるの?まずはフリーソフトを使ってみよう! 【無料RPA】

  • RPAツール

RPAってどんなことができるの?まずはフリーソフトを使ってみよう! 【無料RPA】|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

「RPAってよく耳にするけれど何だかよく分からない」という方や、「働き方改革や企業の競争力強化に向けてRPAの有効性は理解できたけれど、実際に導入するのはまだ不安」という方におすすめしたいのが、フリーソフトからのスモールスタートです。無料トライアルを設けているソフトウェアなどもご紹介します。

 

■20年以上の歴史をもつ自動化RPAフリーソフト「UWSC」

20年以上の歴史をもつ自動化RPAソフト「UWSC」|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

UWSCは、パソコン操作の自動化(マクロ)ソフトとしては長い歴史を持ちます。1999年にリリースされてから現在に至るまで、バージョンアップが重ねられてきました。

UWSCはプログラミングでパソコン操作を制御するソフトウェアで、パソコン上で行われるほとんどの単純操作を自動化できます。フリーソフトとシェアウエア版がありますが、作業を録画して再生させるような単純なものであればフリーソフトで十分でしょう。

また、簡単なプログラミングを覚えるだけで、さまざまなパソコン操作を自動化させることも可能です。「パソコンを自動化したいけどエクセルのVBAでは敷居が高い」という方にはおすすめといえるでしょう。

(参照:いつも隣にITのお仕事「UWSCでパソコン自動化!単純作業で消耗しない仕事術」)

 

■RPA業界の料金革命?米ニューヨーク発のフリーソフト「RPA Express」

RPA業界の料金革命?米ニューヨーク発のフリーソフト「RPA Express」|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

RPA Expressは、米ニューヨーク発のITスタートアップWorkFusion社が提供する無料RPAです。同ソフトの登場により、世界中のRPAベンダーは価格の見直しを迫られたというほど。商業利用の実績も数多くあり、世界中の企業で導入されています。

利用方法は簡単で、公式サイト上からメンバー登録を済ませ、ログインするとダウンロード可能です。この間、費用を請求されることはありません。

ただ、RPA Expressは残念ながら、現状英語版のみの提供になります。日本語で利用したいという方は他のソフトを当たらなくてはなりません。同社はチュートリアル動画をユーチューブで公開していますので、英語がわからないという人は字幕の翻訳機能を使いながら、動画で使い方を確認することもできます。

 

 

フリーソフトRPA Expressの主な機能

・画面イメージによって対象となるパソコン操作を認識
・ユーザーの操作方法を監視し、自動記録
・上記に加えて機械学習を組み込むことで、ロボットに操作を認識させる

RPA Expressは無料ソフトですが、RPAに必要な最低限の機能は備わっています。英語での利用が苦ではないという方は、試しに利用してみてはいかがでしょうか。

 

フリーソフトRPA Expressの詳細をまとめた記事はこちらから

 

■直観的なUIが強みのRPA「UiPath」

世界シェアナンバーワン!日本でも人気のRPAツール「UiPath」の導入事例|AI・人工知能製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるメディア

世界中で導入実績を持つ「UiPath(ユーアイパス)」。2017年に日本法人を設立して以来、日本企業での導入も進んでいます。

そんなUiPathの強みは、直観的なUIです。「UiPath Studio」を利用すれば、初心者でもアプリの操作やデータ入力の自動化にチャレンジできます。事業規模が大きい組織では、「UiPath Orchestrator」を活用して、社内のロボット操作を一元管理することもできます。

SalesforceやSAPなどの業務ソフトウエアなど、幅広いソフトウエアに対応していることも強みです。また、ブラウザーやAIにも対応していています。

ただ、「UiPath」は規約がたびたび変更されており、2018年10月時点では、「コミュニティ・エディション」であれば日本国内の小規模な企業・個人事業での利用は無料になっています。企業で利用する場合は都度規約を確認してください。無料の「コミュニティ・エディション」でスモールスタートして、規模が拡大したら有償ライセンスに移行するという使い方も可能です。

(参照:UiPath「URPAの無償トライアル」 )

 

UiPathの詳細をまとめた記事はこちらから

 

■フリートライアル期間があるRPAソフトウェアも

このほか、フリーソフトではありませんが国産RPAの「RPA Robo-Pat(ロボパット)」(https://fce-pat.co.jp/)と「Automated Machine Learning Tool」(https://www.aiforce.solutions/)では、フリートライアル期間を設けています。

ロボパットはスタンドアローン型で高セキュリティ、UIが直観的でわかりやすいのが強みです。一方、「Automated Machine Learning Tool」は人材が不足しているデータサイエンティストの代替として、統計解析や機械学習の専門知識を持たない人でもデータ作成ができるツールです。

RPAによる業務効率化に関心を抱く方は、まずフリーソフトやフリートライアルでお試ししてみてはいかがでしょうか。

 

RPA一覧はこちら|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディアAIsmiley

こちらのリンク先からRPAツールを資料請求された方限定でRPAツールの比較資料を無料でプレゼントしています!

RPAツールの料金や機能をかんたんに一覧で比較検討したい方はぜひ、お求めください。

 

資料請求された方全員にAIsmileyが作成したRPAツール各サービスの比較資料を無料でプレゼント|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

 

◆無料RPAツール比較資料の入手方法

1、RPA製品比較ナビのページから興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックするか、すべてを選択して資料請求するをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmiley担当者より「RPAツール各サービス比較資料」を送らせていただきます。

RPAツールを無料で比較検討されたい方はぜひ資料請求・お問い合わせください。