AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

Reportocean.com、画像認識市場は2027年まで15.1%で成長すると予想

  • 編集部記事

世界の画像認識市場は2019年に約227.6億米ドルと評価されており、2020年から2027年の予測期間にわたって15.1%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。

このAIニュースのポイント

  • 画像認識は、画像・場所・オブジェクト・文章などを識別するソフトウェアの機能
  • 世界の画像認識市場は2019年に約227.6億米ドルと評価
  • 画像認識市場は、2020年から2027年の予測期間にわたって15.1%超える成長と予想

世界の画像認識市場は2019年に約227.6億米ドルと評価されており、2020年から2027年の予測期間にわたって15.1%を超える健全な成長率で成長すると予想されています。

Reportocean.comは、新しいレポート「画像認識市場調査レポート」を追加しました。同社は、成長ドライバー、市場機会、課題、競争環境、画像認識業界の脅威など、主要な市場をダイナミクスに焦点を当ています。

■市場概況

画像認識は、画像、場所、オブジェクト、文章などを識別するソフトウェアの機能です。自動運転車、画像コンテンツ検索、画像コンテンツへのメタタグのラベル付け、自律型ロボットの誘導など、さまざまなタスクを実行します。主に画像認識は、アルゴリズムの深い理解を必要とする機械学習技術に従います。

製造業、金融サービス、保険、BFSI業界などの業界でのサイバー攻撃の増加により、人工知能の採用が増加しています。マハラシュトラ州警察とNDTVによると、2010年から2018年の間にサイバー攻撃が急増し、わずか5日間で40,000件以上の事件が登録されました。

たとえば、Statistaのレポートによると、「世界のAIソフトウェア市場」は2020年に前年比で約54%成長し、226億米ドルの予測サイズに達すると予想されています。したがって、この要因は、世界中の画像認識市場への採用を強化する可能性があります。

さらに、さまざまなビジネスが世界中のビジネスプロセスを変革するためにデジタル化に移行しており、予測期間中の市場のCAGRに関与する重要な要因の一部でもあります。ただし、画像認識デバイスの製造に伴う高コストは、2020年から2027年の予測期間にわたって市場の成長を抑制する要因の1つです。

世界の画像認識市場の地域分析は、アジア太平洋、北アメリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、その他の世界などの主要地域について検討されています。北米は、この地域でより速い速度でテクノロジーが採用されているため、市場シェアの点で世界をリードする重要な地域です。アジア太平洋地域も2020年から2027年の予測期間にわたって最高の成長率/CAGRを示すと予想されています。

このレポートに含まれる主要な市場プレーヤーは、人工知能と画像認識の統合が増加していることからGoogle Inc.やキャッチルーム、日立製作所です。そのほか、Honeywell International Inc、LTUTech、NEC株式会社、Qualcomm Technologies、Inc、SlyceAcquisitionInc、WikitudeGmbHもあります。レポートでは日本の詳細な分析も提供されています。

この調査の目的は、近年のさまざまなセグメントと国の市場規模を定義し、今後8年間の値を予測することです。

レポートは、調査に関与する各地域および国内の業界の定性的および定量的側面の両方を組み込むように設計されています。また、市場の将来の成長を定義する駆動要因や課題などの重要な側面に関する詳細情報も提供されています。

さらに、レポートは主要なプレーヤーの競争力のある風景と製品提供の詳細な分析とともに、利害関係者が投資するためのマイクロ市場で利用可能な機会を組み込まれています。

市場の詳細なセグメントとサブセグメントは、コンポーネント別には、ハードウェアやソフトウェア、サービスがあります。アプリケーション別には、スキャンとイメージング、セキュリティと監視、画像検索があります。展開モード別には、雲、オンプレミスがあり、地域別には、北米や米国、ブラジル、メキシコ、カナダなど、そのほか様々な地域もあります。

詳細については、sales@reportocean.comまでメールでお問い合わせください。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト

URL:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=bw1935

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求