AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

AI音声認識を活用した文字起こしでZoomミーティング・ウェビナーの字幕機能を搭載

  • 業種・業態

株式会社アドバンスト・メディアは、AI音声認識を活用した文字起こし支援アプリケーションに、Zoomミーティング・ウェビナーの字幕機能を搭載したことを発表しました。

このAIニュースのポイント

  • AI音声認識を活用した文字起こしでZoomミーティング・ウェビナーの字幕機能を搭載
  • 難聴者・聴覚障がい者との会議にも活用が可能
  • ソフトをインストールしていない人の画面にも字幕表示が可能

株式会社アドバンスト・メディアは、AI音声認識を活用した文字起こし支援アプリケーション「AmiVoice ScribeAssist」に、Zoomミーティング・ウェビナーの字幕機能を搭載したことを発表しました。また、2月19日(金)、ヤマハ ウェビナーにてZoom連携活用について講演が行われます。

Zoomミーティング・ウェビナーでの会話をリアルタイムで文字化し、画面内に字幕として表示できます。発話を視覚化することでより伝わりやすいコミュニケーションが可能です。難聴者・聴覚障がい者との会議にもご活用できます。

参加者は、各自Zoom内で字幕表示の有無の選択や、文字サイズを大・中・小で選ぶことが可能です。話者情報も付与できますので、発言の冒頭に発言者の名前を表示することもできます。

既存の本製品にも字幕ポップアップ機能が付属していましたが、ソフトのインストールを行っているPC上のみで有効だったため、複数人で利用するには画面共有などを行う必要がありました。今回の新機能は、ソフトをインストールしていない人のZoom画面にも字幕表示がされます。よりスムーズなご利用が可能です。

■ウェビナー情報
2月19日(金)14:00~15:30、 ヤマハ ウェビナー「Zoomミーティング×音声処理技術で、カンタン字幕表示<実践編>」にてオンライン講演が実施されます。

参加費は無料、定員は500名です。講師は、ヤマハ株式会社妹尾岳史氏とZVC Japan株式会社大山雄太氏、株式会社アドバンスト・メディア志村亮一氏が出演されます。

お申込:https://zoom.us/webinar/register/WN_qzvbsZLNTEijoOgbvQ5t5g

Zoomミーティングと、最新の技術を活用すれば、会議の「言った・言わない」問題を解決し、効率的な会議運営が可能です。本ウェビナーでは、ヤマハの音声処理技術と、アドバンスト・メディアの議事録作成の自動化ツールを活用した、実際のZoomミーティングのイメージをご覧いただくことができます。

■AmiVoice ScribeAssist、概要

オンライン/オフラインといった会議形態、WEB会議システムの種類を問わず使用できる、文字起こし支援アプリケーションです。リアルタイム認識・バッチ認識に対応しており、会議音声の録音、音声認識、テキストの編集、文字起こし内容の出力までをワンストップで行うことができます。スタンドアローン型のため、情報漏洩のリスクがなく、機密情報などを扱う会議でも安心してご利用することが可能です。2020年6月の発売から、現在50社以上の企業・自治体に正式導入されています。

URL:https://www.advanced-media.co.jp/products/service/scribeassist

 

出典:PR TIMES

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求