AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

【注目10社が答える2021年の最新トレンド】Web雑誌「画像認識AI最前線」を無料配布


【注目10社が答える2021年の最新トレンド】雑誌「画像認識AI最前線」を無料配布

AIポータルメディア「AIsmiley」は、年末年始スペシャルコンテンツとして画像認識の分野で注目を集めるAI企業10社のインタビューを取りまとめた雑誌「画像認識AI最前線」を公開します。最前線で活躍するAI企業が画像認識の分野で「2020年に取り組んだすごいこと」と「2021年の目標・ビジョン」を語ります。

■画像認識AIとは?

画像認識AIとは私たちが普段「目」で見て、それが何なのかを判断してるように、カメラなどを用い、AIが画像や映像の特徴を抽出、認識するという技術です。

自動車の自動走行システムや監視カメラの異常検知、製造現場の検品作業など、画像認識の技術は多くの企業で導入・検証が進んでおり、AI・人工知能が私たちの代わりとなって働く未来がすぐそこまで来ています。

最近のAI・人工知能の技術革新の中でも、画像認識AIの技術の向上はディープラーニングによって飛躍的な発展を遂げています。その画像認識の精度は、すでに正答率や認識率においてAIが人間を超えるほどの高精度を実現しています。

・人手のかかる食品工場の検品作業を省人化したい
・医療用に撮影した写真をパターン解析して病気の早期発見をしたい
・領収書から必要な情報だけを会計システムに自動入力したい
・ECサイトに利用する商品画像を自動で分類したい
・監視カメラの映像から不審者を発見する防犯システムをつくりたい

このように画像認識AIはさまざまな目的に活用されています。

 

■2020年の画像認識AI

2020年は「三密」というキーワードが流行語大賞に選ばれるなど、新型コロナウイルスの蔓延とは切っても切り離せない年だったといえるでしょう。

そんな中、私たちの身近なところでも、画像認識AI技術が使われていました。店舗の入り口にあるサイネージに自身の映ったカメラ映像と体温が表示される「非接触検温」も画像認識AIが使われている代表例の一つです。

またスマートフォンのアプリケーションで、人の眼や鼻、口の位置を認識し、写真を補正してくれる機能などにも用いられています。

今回は2020年に画像認識AIの最前線で開発に携わった「注目10社」に、今年の代表的な取り組みと画像認識AIの今後について聞きました。今後の画像認識AI導入に向け是非ご覧ください。

【注目10社が答える2021年の最新トレンド】雑誌「画像認識AI最前線」を無料配布

雑誌「画像認識AI最前線」

 

■雑誌「画像認識AI最前線」の入手方法

1、下記「画像認識AIのサービス比較と企業一覧を見る」ボタンより、一覧ページに飛んでいただき、「画像認識・画像解析を全て無料で資料請求」もしくは興味のある画像認識AIサービスを選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「画像認識AI最前線」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「雑誌「画像認識AI最前線」(PDF)」をメールにて送付させていただきます。

 

画像認識AIのサービス比較と企業一覧を見る

 

※本資料は画像認識AIの導入を検討している企業に対して配布しております。同業他社へは提供しておりませんので、あしからずご了承ください。

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求