AIsmiley編集部が作成したAI・人工知能トレンドマガジン

AIsmiley編集部記事

2018/11/14

【無料資料】最新のチャットボット各サービス比較資料をプレゼント

  • AI・人工知能製品・サービスの比較検討資料
  • チャットボット

チャットボット各社サービス比較資料プレゼント|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

資料請求・お問い合わせをされた方にもれなくチャットボット比較資料をプレゼント!

 

AI(人工知能)の市場は、急激な成長をたどり、2022年の市場規模は1兆7億円になると予測されています。

特にチャットボットサービスのような自動応答システムは、多くの製品がリリースされており、

チャットボット導入時にAIを搭載したサービスを利用する企業も多くなりました。

 

実際に利用してみたいけれど…

・初期契約にかかる費用は?

・無料ではじめられるサービスはないのか?

・導入後にかかる運用費は?

などチャットボットサービスの導入におけるコスト・費用について知りたい、機能と比較して検討したい!

このような悩みを持った企業の担当者が知っておくべき、料金プランのポイントをご紹介します。

 

さらに、「AI搭載のチャットボット導入を検討中」「導入にかかるコストを比較・調査したい」といった方向けに、

AI搭載チャットボットの導入の参考にサービスの特徴・料金をまとめた比較資料をプレゼントします。

■チャットボットサービス比較資料 -各サービスの料金プランのポイント-

・資料説明

・チャットボットとは

・チャットボット各サービス比較表

・AI搭載チャットボットサービス・料金の特徴

※本資料はパンフレット、サービス紹介サイト、プレスリリースなどの公開情報に基づいて、各製品・サービスの料金を比較したものです。料金項目の基準は各社異なるため一概に比較することはできませんが、自社の導入における費用の目安として是非参考にしてください。

 

今なら資料請求してくれた方全員に、AIsmileyが作成したチャットボット各サービスの比較資料を無料でプレゼント!チャットボットの資料をご請求後、AIsmileyから各サービスの比較資料をメールさせていただきます|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

 

【チャットボットの資料請求・お問い合わせはこちら】

 

 

費用からみるチャットボットサービスの違い

本資料ではチャットボットサービスの利用にかかる費用について比較しています。
費用は、初期費用と運用費(ランニングコスト)の2つに大別でき、
・ライセンス費
・保守・メンテナンス費
・コンサル費
・システム基本設定費
・機械学習データ作成費
・シナリオ制作費
・デザインカスタム費

などが含まれています。

 

特に気を付けておきたいポイントは、

①試用期間・無料トライアルの有無
②料金に機械学習の費用は含まれているか

の2点です。

 

①チャットボットの試用期間・無料トライアルの有無

AI搭載チャットボットサービスの実用性や特徴は、実際に構築してみないとわからない部分が少なくありません。

まずは、無料でスタートできる製品・サービスを試してみることをお勧めします。

無料期間のおおよその目安は2週間~1か月程度ですが、対象となるのは運用費(ランニングコスト)が一般的です。

AIの機械学習データ作成、シナリオの作成等は別途料金の場合がありますので確認が必要となります。

試用期間・無料トライアルがあるサービスであれば、運用フェーズで効果が期待できないという場合でも、

チャットボット導入に関する業務の課題整理、シナリオ、機械学習データなどを、

運用費をかけずに自社の資産として残すことができます。

 

チャットボットの試用期間・無料トライアルの有無|チャットボットやWeb接客・RPA等のAI・人口知能製品・サービスの比較・検索・資料請求メディア

②チャットボットの料金に機械学習の費用は含まれているか

チャットボットサービス各製品の初期費用の内訳を比較すると、機械学習データ作成をオプション費用としたり、

有償トライアルの費用に含まれていたり、別途料金として応相談としたりするなど料金プランはさまざまです。

格安のライセンス費用で機械学習データのカスタマイズにコストがかかる場合もある一方で、

コンサル・導入費を含む初期費用が高額でも年間の機械学習の調整を考えると対費用効果が高い場合もあります。

 

自社に合わせてカスタマイズしてするチャットボットサービスがほとんどですが、

機械学習データの作成、有人切替の機能、デザインなど、希望している機能・変更の有無の確認も大切です。

特に、機械学習データの作成は専門知識が必要とされるので、提示の料金に機械学習の費用は含まれているか、

本資料を費用の目安として是非参考にしてください。

 

チャットボットサービス比較資料の入手方法

チャットボットAI製品比較ナビのページから興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックするか、すべてを選択して資料請求するをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmiley担当者より「チャットボット各サービス比較資料」を送らせていただきます。

 

チャットボットサービスを無料比較検討されたい方はぜひ資料請求・お問い合わせください。

 

【チャットボットの資料請求・お問い合わせはこちら】