AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

最終更新日:2020/10/23

チャットボット流行ガイド2020秋を公開!~チャットボット周辺のトレンドがわかる!~

  • 業種・業態

AIポータルメディア「AIsmiley」は、チャットボットの機能性に関する流行を調査し、各種チャットボットベンダーのサービス概要から特に重要な流行キーワードを抽出し取りまとめた「チャットボット流行ガイド2020秋」を公開いたしました。

■チャットボット流行ガイド2020秋の概要

チャットボットの機能における2020年秋現在の流行キーワードをAIsmiley独自の基準で10項目選定しました。この流行ガイドからはチャットボットって何が便利なのか分からない方や、数年前から使っているけど最新の動向が知りたいという方向けに現在の流行キーワードを一目で確認することができます。また実際の導入に向けてチャットボットベンダーの資料を無料で請求することも可能です。

 

■チャットボットとは?

チャットボットとは、「チャット(会話)」と「ロボット」を組み合わせた言葉で、ユーザーの問いかけに合わせて返事をしてくれるプログラムのことを指します。以前には、米マイクロソフトが開発したチャットボット「女子高生りんな」が人気を集めました。昨今、チャットボットは単なるお遊びの範疇を超えて、カスタマーサポートなどビジネスの場でも普及しています。ネット通販や企業ウェブサイトにアクセスした際に、画面の端に自動的にチャット画面が開くのを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

Web上の顧客対応では、チャットボットの導入により人件費削減や業務効率を高めている企業が増えており、利用するユーザーのニーズも把握できるなど、人件費削減や業務効率以上の付帯効果を得ている企業も現れ始めています。また最近では、チャットボットを稼働させるプラットフォームも多彩になっており、WEBブラウザだけでなく、LINEやFacebookメッセンジャーといったコミュニケーションアプリを利用するケースも増えています。文字で自動返答(自動発信)を行うチャットボットだけでなく、音声でやりとりを行える「AIスピーカー」も多く普及され始めており、感情を認識する機能が搭載されるなど、その活用範囲は拡大し続けています。

 

■チャットボットの流行キーワード調査の背景

チャットボットは、「業務効率化」「収益アップ」「顧客満足度・DX向上」など様々な利用目的に合わせた機能を搭載しています。また、昨今の情勢から収益の拡大や場の創出としてWEBやECへの導入が加速するなど、その利用用途は広がっており、自社の課題解決の一助として大きな可能性を秘めています。今回は、チャットボットでどのような業務改善が可能になるのか、流行キーワードから分かりやすく学べるよう「チャットボット流行ガイド2020秋」として資料を作成しました。是非導入の参考にしていただきたく思います。

 

■「チャットボット流行ガイド2020秋」の入手方法

 

 

「チャットボット流行ガイド2020秋」をお求めの企業担当者様は、下記の手順に沿って資料請求下さい。
 
1、下記「チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る」ボタンより、一覧ページに飛んでいただき、「チャットボットを全て無料で資料請求」もしくは興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「チャットボット流行ガイド」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「チャットボット流行ガイド2020秋(PDF)」をメールにて送付させていただきます。

 

チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る

 

※本資料はチャットボットの利用を検討している企業に対して配布しております。同業他社・競合他社への提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。

※このチャットボットサービスを提供している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求