AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

2020/8/26

生産管理の効率化を実現するAIの活用法とは?

  • 編集部記事

生産管理の効率化を実現するAIの活用法とは?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

近年は少子高齢化に伴う労働力不足が深刻化していますが、それは製造業界も例外ではありません。労働人口が減少しており、生産性向上や業務効率化といった課題が浮き彫りになってきているのです。

ただ、最近はこれらの課題を解決すべく、AI・人工知能を導入する企業も多くなってきています。特に生産管理においてAIを活用する企業は増加しており、業務効率化や生産性向上といった課題解決につなげているのです。

では、具体的にどのような方法でAIを活用しているのでしょうか。今回は、生産管理の効率化を実現するAIの活用法について詳しくご紹介していきます。

■生産管理においてAIの活用が加速している領域

■生産管理においてAIの活用が加速している領域|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

生産管理業務の中にもさまざまな領域が存在しますが、具体的にどのような領域でAIが活用され始めているのでしょうか。まずはAIが活用され始めている領域について詳しくみていきましょう。

 

・生産計画領域

これまで、生産計画は人間の手によって進められるのが一般的となっていました。しかし、何らかのデータを参考にして市場予測を行う場合でも、その担当者の経験などが介入してしまい、予測に誤差が生まれてしまうケースも少なくなかったのです。

さまざまな要因を俯瞰的に捉えた上で、生産計画における予測を正確に進めていく作業は決して簡単なものではありません。しかし、蓄積された過去のデータを参考にして予測する作業を得意とするAIであれば、常に客観的な生産計画を立てることができます。

具体的には、消費者行動や地理的要因、社会情勢的要因といったさまざまな要因を踏まえた上で予測を行い、計画を立てていくというものです。これまでは多くの経験を積んだベテランの手で計画策定が行われるのが一般的でしたが、AIを導入すればベテランがいなくても精度の高い予測を行えるようになります。そのため、業務効率を大幅に高められるというメリットも得られるのです。

 

・設備メンテナンス領域

・設備メンテナンス領域|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

設備のメンテナンスを行う業務も、これまでは多くの経験を積んだベテランに依存しなければならない業務として捉えられていました。それだけでなく、多くの時間と労力が求められる業務でもあるため、人手不足問題が深刻化している現代においては特に大きな課題となりつつあったわけです。

しかし、AIを活用することでメンテナンス業務の効率化を実現するだけでなく、「事故の予防」という面でも大きなメリットを得ることができます。というのも、AIを活用すれば「高いレベルで事故の前兆を察知すること」が可能になるからです。

もちろん、経験を積んだベテランでも事故の前兆を察知することは可能でしょう。しかし、AIであれば24時間365日体制で設備のチェックを行い続けることができます。そして、常に正常なデータを学習し続けるため、異常を発見する精度も日々向上していくのです。

どれだけ経験を積んだベテランでも、24時間メンテナンスを行うことはできませんから、設備メンテナンスにおいてAIを導入するメリットは非常に大きいといえるのではないでしょうか。

 

・品質検査領域

・品質検査領域|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

製造業において人手不足が深刻化すると、品質管理が疎かになってしまうというケースも少なくありません。こういった問題を解決するためにAIを導入する企業も多くなってきています。

たとえば、正常な製品と不良品を見分ける業務にAIを導入することで、より高精度かつ効率的に判別を行えるようになります。これまで、正常な製品と不良品の判別を行うためには、正常な製品のデータを大量に学習させなければなりませんでした。

しかし、最近ではディープラーニング(深層学習)を活用することで、これまで発生したことがないような不良品の判別も行える仕組みを構築している企業も多くなっています。もし判別にミスが生じてしまったとしても、そのミスを学習材料として活用すれば、さらなる精度向上につなげることができるのです。

人間による判別作業は、どれだけ経験を積んだベテランであってもミスが多少なりと生じてしまいます。その点、AIを導入すれば確実にミスを減らしていくことができるわけですから、まさにAI導入に最適な領域といえるのではないでしょうか。

 

■生産管理の効率化につなげるAIを提供する日立製作所

■生産管理の効率化につなげるAIを提供する日立製作所|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:Hitachi AI Technology/計画最適化サービス:製品・ソリューション:製造業・流通業向けソリューション:日立)

現在はさまざまなAIが存在していますが、その中でも「生産管理」に特化したAIを提供している企業としては、日立製作所が挙げられます。同社が2017年から提供を開始している「Hitachi AI Technology/計画最適化サービス」は、生産計画の熟練者の手順などをAIが学習し、生産計画を最適化するという仕組みのAIサービスです。

これまでに同社が鉄道の運行管理分野で培ってきた数理最適化技術と、機械学習を搭載した「Hitachi AI Technology/MLCP」という独自の制約プログラミングが活用されています。

制約プログラミングとは最適化技術のひとつであり、制約条件を満たす答えを見つけ出すためのプログラミング手法のことです。これを活用することによって、最適解をよりスピーディーに抽出したり、熟練者の生産計画立案を再現したりすることができます。

具体的な仕組みとしては、設備の稼働状況や納期、コストといった制約条件と、AIが学習した熟練者の計画立案のパターンなどを活用し、多品種、多項目の製品を対象に、より効率的な生産計画を算出するというものです。日々の需要変動や環境変化などにも柔軟に対応することができるため、計画の組み替えもスムーズに行うことができます。

これまで、このような業務は人間の手で行われるのが当たり前とされてきました。しかし、AIの導入によって、もはや人間以上に高い精度で計画を立案できるようになるのです。人手不足が深刻化している現在において、こういった形で業務効率化を進められるのは極めて大きなメリットがあるといえるでしょう。

 

■負担の大きな生産管理領域をAIが一変させる

今回は、生産管理の効率化を実現するAIについてご紹介しました。これまで人の手で行われるのが一般的だった生産管理も、AIによって大幅に効率化できるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

今後も少子高齢化に伴う人手不足問題は深刻なものになっていくと考えられます。そのため、いかにAIを有効活用して生産性向上や業務効率化を実現できるかというポイントは、多くの企業にとって大きな課題となるはずです。

すでにAIの導入を開始している企業も多くなってきていますので、ぜひこの機会にAIの導入を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

画像認識AIのサービス比較と企業一覧を見る

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求