AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

最終更新日:2020/8/6

経営をサポート!AIによる経営分析で得られるものとは?

  • 業種・業態
  • 編集部記事

経営をサポート!AIによる経営分析で得られるものとは?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

近年は少子高齢化に伴って人手不足問題が深刻化しており、多くの企業が「業務効率化」や「生産性向上」といった課題を抱えている状況にあります。そのような中で、コスト削減や業務効率化といった問題を解決に導くAI・人工知能には多くの注目が集まっており、実際にAIを導入する企業も多くなっているのです。

また、最近では企業の経営分析を行うAIも登場しており、より一層AIの貢献度は高まってきています。では、具体的にAIによる経営分析を活用した場合、どのような情報を得ることができるのでしょうか。今回は、AIによる経営分析サービスで得られるものや、その仕組みなどについて詳しくご紹介していきます。

■AIによる経営分析を行える「SHARES AI」

■AIによる経営分析を行える「SHARES AI」|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:SHARES(シェアーズ)| 顧問料なしで全国の専門家に見積り・発注ができる経営相談サイト)

AIによる経営分析を行うことができるのは、株式会社ココペリが提供している「SHARES AI」というサービスです。この「SHARES AI」以外にも経営分析を行うサービスは存在しますが、他のサービスにはない特徴として「会社の顧問であるかのように具体的な提案を受けられる」という点が挙げられるでしょう。

従来の経営分析サービスでは、売上推移や財務分析指標などをグラフ化することがメインとなります。そのため、売上推移や財務分析指標などの可視化を行うことができても、その情報をもとに「どのようなアクションを起こすべきか」という所までは明確にすることはできませんでした。

一方のSHARES AIは、自社の会計データをアップロードするだけで同業種の企業と業績を比較することができます。それだけでなく、助成金の受給や最適な融資の申し込み時期など、より具体的なアドバイスを受けることもできるのです。こういったアドバイスを受けられるという点は、SHARES AIならではの魅力といえるのではないでしょうか。

 

■SHARES AI内の各専門家に相談することもできる

■SHARES AI内の各専門家に相談することもできる|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

先ほどもご紹介したように、SHARES AIは経営データの分析を行い、具体的な経営課題を抽出することができるわけですが、その抽出された経営課題はリストとして表示され、項目ごとにそのまま専門家に相談することもできます。

なお、SHARES AIに搭載されているAIナビゲーターは、5000社以上の財務データと12万社の業界平均に基づいて経営分析を行うという仕組みです。「源泉徴収の支払い時期」「確定申告の期限」といったものを通知したり、「借入のタイミング」「経営指標に基づく経営課題の発見」といったアドバイスやサポートを受けたりすることもできるため、自社の状況や課題をより客観的に把握するためのツールとしても最適といえるのではないでしょうか。

これらの作業を人間の手で行おうとした場合、多くの時間と労力を消費しなければなりません。しかし、AIが搭載されているSHARES AIであれば、より高い精度の分析をスピーディーに行えるため、業務効率化という点でも大きな魅力があるのです。

 

■製造業や小売業向けの「Operational Data Management & Analytics」

■製造業や小売業向けの「Operational Data Management & Analytics」|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:FUJITSU Business Application Operational Data Management & Analytics – 富士通)

富士通が提供している製造業、小売業向けの経営分析サービス「Operational Data Management & Analytics」にも、AIが活用されています。この「Operational Data Management & Analytics」の特徴としては、各商品に合わせた需要データを参考に、発注の負担軽減や調達の最適化、そして生産・調達計画の高度化などを行ってくれる点が挙げられるでしょう。

通常、これらの作業はすべて人間が行わなければなりませんし、当然その作業を進めるためには多くの時間と労力を消費します。しかし、過去のデータをもとに分析することを得意とするAIを活用することで、より正確かつスピーディーに予測を行うことができるのです。

また、各商品単位で販売実績や需要予測値といった数値が算出されるため、それぞれの特性に合わせた予測が行えるという点も大きな魅力のひとつでしょう。それぞれの情報を活用することで、担当者はバランスの取れた供給計画を立てられるというわけです。

 

■AIが分析したデータは信頼できる?

■AIが分析したデータは信頼できる?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

これまで一度もAIサービスを利用したことがない人の中には、AIが分析したデータの信頼性に疑いを持たれてしまう人もいらっしゃるかもしれません。しかし、AIによる分析は間違いなく人間よりも正確であり、さらに分析スピードも人間より優れています。

中には、2〜3ヶ月の期間を要するのが当たり前だった分析作業が、AIの活用によってわずか1日に短縮したという例もあるほどです。何より、大幅に期間を短縮したにも関わらず、これまでと同等以上の分析制度を達成したという点が大きなポイントといえるでしょう。

ただスピード感を高めるだけであれば、我々人間でも簡単に実現することができます。しかし、作業の品質を保ちながらスピードを早めるのは決して簡単なことではありません。むしろ、作業品質が落ちてしまうことのほうが多いのではないでしょうか。

AIが高い精度で分析を行えるのは、過去の膨大なデータを学習する能力を備えているからに他なりません。私たち人間では到底不可能な量のデータを学習し、その学習データに基づいた予測を行うことができるのです。

それこそ、囲碁において、AIがプロに勝利したというニュースをご覧になった方も多いでしょう。あれはまさに、AIが過去のさまざまな対戦の情報をデータとして学習し、膨大な量の学習データの中から「最善の一手」を導き出すという仕組みになっているわけです。

そういった点を踏まえると、企業分析を行う際にAIを活用するのは極めて合理的といえますし、むしろ正確な情報を求めている企業ほどAIを有効活用していくべきといえるのではないでしょうか。

 

■AIによる経営分析で自社の状況を見極めよう

今回は、AIによる経営分析サービスの仕組みやメリットについてご紹介しました。AIを活用することで、より具体的な情報を可視化できるということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

売上推移や財務分析指標などを可視化する作業は、これまで人間の手で行われるのが一般的でした。そのため、多くの時間と労力を消費しなければならなかったわけです。

しかし、今回ご紹介したような経営分析サービスを活用すれば、より効率的にさまざまな情報を可視化できるため、それ以外の業務に力を注いでいくことも可能になります。つまり、さらなる生産性の向上にもつなげられるということなのです。

近年は特に人手不足が深刻化しており、多くの企業にとって「業務効率化」が課題になっていますので、ぜひこの機会にAIの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

データ活用・分析のサービス比較と企業一覧を見る

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求