AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

最終更新日:2020/7/16

人事・経理など社内向けヘルプデスク業務に強みを持つAIチャットボット特集

  • 業種・業態
  • 編集部記事

人事・経理など社内向けヘルプデスク業務に強みを持つAIチャットボット特集|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

AIの技術が発展したことにより、近年は社内業務にAIを活用する企業も多くなってきています。その中でも特に多いのが、業務効率化や人件費削減につなげることができる「AIチャットボット」です。

AIチャットボットはさまざまな目的で活用できるため、最近では人事・経理といった社内のヘルプデスク業務に利用されるケースも少なくありません。そこで今回は、数多く存在するチャットボットの中でもヘルプデスク業務に強みを持つサービスを詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■社内向けAIチャットボット ①「WisTalk」 | パナソニック

■AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」 | Panasonic|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」 | Panasonicオフィシャルサイト)

AIチャットボット FAQサービス「WisTalk」は、Panasonicが提供している社内ヘルプデスク業務向けチャットボットサービスです。AIが質問者の内容を理解した上で、最適な回答を自動回答してくれる機能が備わっています。

社内ヘルプデスク業務では、毎日頻繁に電話やメールなどの問い合わせ対応が発生します。通常、これらの対応を行うためには常に専属の担当者を配置しておかなければなりません。しかし、場合によっては問い合わせが重なるケースなどもあるため、問い合わせに時間がかかってしまう可能性も少なくないのです。

その点、「WisTalk」を活用すれば24時間365日AIに問い合わせ対応を任せることができるようになるため、問い合わせが重なったり、就業時間外に問い合わせが寄せられたりしても、問題なく対応を行うことができます。そのため、テレワーク導入などの働き方改革を推進する上でも大きな価値があるといえるでしょう。

なお、「WisTalk」には無料お試しサービスも設けられているため、「実際に使用してから導入を検討したい」という企業は、一度無料お試しサービスを利用してみるのも良いでしょう。Panasonic内で実績のあるQ&Aテンプレートが用意されているため、テンプレートを参考にしながら自社のQ&Aを作成していくことも可能です。もちろんシステムは24時間利用可能(メンテナンス時を除く)なので、まずはどの程度の業務効率化が実現できるのか確かめることを目的に利用してみるのも良いかもしれません。

 

WisTalkを無料で資料請求する

 

■社内向けAIチャットボット ②「hitTO」 | 株式会社ジェナ

■社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」 | 株式会社ジェナ|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:社内向けAIチャットボット「hitTO(ヒット)」オフィシャルサイト)

「hitTO(ヒット)」は、株式会社ジェナが提供しているチャットボットサービスです。「IBM Watson」と、ジェナが独自に開発した「hitTO AI」という2種類のAIが活用されており、よりユーザーと自然な対話を行うことができます。AIを活用したソリューションの開発・提供によって功績をあげた企業を表彰する「Best Partner of the year」を2年連続で受賞したことでも大きな注目を集めました。

そんな「hitTO」の大きな特徴としては、直感的で分かりやすい管理画面が用意されているという点が挙げられるでしょう。AIチャットボットは、一度公開すれば永久的に使い続けられるというものではありません。日々蓄積される学習データの定期的なメンテナンスが必要だからです。

ただ、「hitTO」の場合は、データの追加・編集機能や、レポートによる利用回数・回答精度の可視化機能など、システムに詳しくない担当者でも簡単にチャットボットを活用できる管理画面が用意されているため、メンテナンスに苦戦してしまう心配もないでしょう。

また、利用環境に合わせてユーザーインターフェイスを選べるという点も大きな特徴のひとつです。「hitTO」には、作成したAIチャットボットをWebブラウザ経由で利用できるユーザー画面が用意されているため、PCはもちろんのこと、スマホやタブレットといったデバイスでも活用することができます。

さらに、LINE WORKSやMicrosoft Teamsといったビジネスチャットとも連携できるため、利用環境に捉われずに最適な活用法を追求していくことができるでしょう。

 

hitTOを無料で資料請求する

 

■社内向けAIチャットボット ③「Qontextual 」|  株式会社エクサウィザーズ

■Qontextual (コンテクスチュアル)| FAQ検索エンジン| 株式会社エクサウィザーズ|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:Qontextual (コンテクスチュアル)オフィシャルサイト| FAQ検索エンジン)

「Qontextual (コンテクスチュアル)」は、株式会社エクサウィザーズが提供しているFAQ検索エンジンです。話し言葉を理解する高性能AIが搭載されており、意味の近しい言葉や文章を検索することができます。

そんな「Qontextual」の特徴としては、初期設定や学習にかかる時間が少なく、最短当日から利用を開始できるという点が挙げられるでしょう。一般的なFAQツールの場合、初期設定や学習期間にある程度の時間を要するため、どうしても導入までに時間がかかってしまう傾向にあります。

しかし、「Qontextual」の場合、質問と答えが記載された2列のデータをExcelやCSVでアップロードするだけで利用できるようになるため、最短当日から実用化できるのです。この手軽さは大きな魅力のひとつといえるでしょう。

また、回答精度の改善作業を手軽に行えるという点も大きな魅力のひとつです。「Qontextual」では回答精度のスコアリングを確認できるため、学習をAIに任せるだけでなく、担当者自身が問い合わせ記録を見て改善していくこともできます。スコアの低い回答の内容を定期的に修正していく体制を整えれば、より問い合わせ業務を高品質かつ効率的に進めていくことが可能になるでしょう。

 

Qontextualを無料で資料請求する

 

■社内向けAIチャットボット ④「Cogmo Attend」|株式会社アイアクト

■IBM Watson・AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモアテンド)』株式会社アイアクト|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

(参照:IBM Watson・AIチャットボット『Cogmo Attend(コグモアテンド)』|株式会社アイアクト オフィシャルサイト)

「Cogmo Attend(コグモアテンド)」は、株式会社アイアクトが提供しているAIチャットボットです。言語処理能力に優秀なIBM Watsonが活用されており、西武鉄道や関西電力をはじめとする数多くの企業に導入されています。

そんな「Cogmo Attend」の特徴としては、一問一答だけでなく分岐・シナリオにも高いレベルで対応できるという点が挙げられるでしょう。基本的に人の質問は一問一答で回答できるものではなく、会話を重ねながら答えを探していくのが一般的です。そのため、人のコミュニケーションのクセを理解した上で会話フローを構築していかなくてはなりません。

ただ、「Cogmo Attend」であればIBM Watsonを利用して人の質問を理解することができ、さらに最適な会話を作るためのノウハウも蓄積されているため、より質の高いコミュニケーションを実現できるのです。

また、社内に眠っているファイル資産をチャットボットから効率的に検索できるという点も「Cogmo Attend」の魅力といえるでしょう。Active Directoryにも標準対応しているため、ユーザーが閲覧しても良いファイルだけを検索結果に表示させることができます。

 

Cogmo Attendを無料で資料請求する

 

■AIチャットボットが社内ヘルプデスク業務の在り方を変える

今回は、社内ヘルプデスク業務に強みを持つAIチャットボットをご紹介しました。AIチャットボットを導入することによって、さらなる業務効率化を実現できることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

中には、チャットボットに対して「コミュニケーションの質が落ちてしまう」という印象をお持ちだった方もいらっしゃるかもしれません。しかし、昨今のAIチャットボットは学習を重ねて回答の精度も高められるため、違和感のないコミュニケーションが実現できるのです。

業務効率化や人件費削減といった課題を解消するための手段として、ぜひこの機会にAIチャットボットの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求