AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

最終更新日:2020/8/28

予測AIカオスマップ2020を公開 ~需要、売上、故障、劣化、効果、株価などAI活用であらゆる予測を高精度に~


予測AIカオスマップ2020を公開 ~需要、売上、故障、劣化、効果、株価などAI活用であらゆる予測を高精度に~

AIポータルメディア「AIsmiley」は、予測AIの開発サービス、ツールをまとめた「 予測AIカオスマップ2020」を公開します。掲載数は合計67サービス。

◇予測AIカオスマップ2020年プレゼントキャンペーン開催中!

※2020年8月28日更新

 


◆予測AIとは?

予測AIとは過去のデータに基づき、未来の数値や結果を予想する、主にマーケティングや分析といった領域で活用されるAIです。

まず思い浮かぶのは、需要予測でしょう。小売店などにおいては、「来週は●●が何個売れるだろうか』を正確に予測することで、それに見合った仕入れ調整ができ、欠品や在庫ロスといった課題の解決策として用いられています。また、予測AIは、需要や売上といった領域だけでなく、機械の故障や劣化の兆候などの見極めにも使われ、そのほかにも、広告クリエイティブの効果測定予測や株価予測といった、より分析的な領域でも活用されています。

過去のデータから未来に起こり得るあらゆる事象を推測する際に用いられるのが、予測AIといえるでしょう。

 


◇「予測AIカオスマップ」作成の背景

昨今、デジタル化の波が押し寄せ、データ活用の重要性に注目が集まっています。

予測をするには、さまざまな要素が複雑に絡み合うため、従来は長年の経験や担当者の勘に頼るといった属人的な手法で行われることが大半でした。しかし、今後の人口減少社会においては、多くの産業で後継者不足や予測ノウハウの伝承が課題となっており、これまで経験者の肌感や勘に頼っていたやり方から脱却し、「いかにデータを活用し正確な予測を立てながら、ビジネスにしていくか」というスキルが、企業個人、どちらにとっても必要になると考えられています。近年、属人的な手法に頼らず、より精度の高い予測を実現するため、AI・人工知能を活用した新たなソフトウエアやシステムが次々と誕生しています。

今回のカオスマップは、「AIを用いた予測を試してみたい」という方から「予測の精度を上げたい」という方に向け、AIsmileyが独自の主観で、67の製品サービスを取りまとめ、予測の対象別にマッピングしたものです。まずは資料を請求いただき、ご自身に合った予測AI導入の参考にしていただければ幸いです。

 


◆「予測AIカオスマップ」の入手方法

予測AIカオスマップ2020_Excel一覧比較資料

予測AI提供ベンダー一覧(Excel)

 

「大サイズのカオスマップ」と「予測AIベンダー一覧(Excel)」をお求めの企業担当者様は、下記の手順に沿って資料請求下さい。

1、下記「予測AIのサービス比較と企業一覧を見る」ボタンより、一覧ページに飛んでいただき、「需要予測を全て無料で資料請求」もしくは興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力し、お問い合わせ内容欄には「予測AIカオスマップ」と記載の上、送信下さい。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「カオスマップと予測AIベンダー一覧(Excel)」をメールにて送付させていただきます。

 

予測AIのサービス比較と企業一覧を見る

 

※本資料は予測AIのご利用を検討している企業に対して配布しております。同業他社・競合他社への提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。

※このカオスマップは予測AIを提供している企業のプレスリリースや製品サイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求