AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

2020/3/9

私たちの生活に寄り添うAI・人工知能の利用例

  • AIサービス
  • 編集部記事

私たちの生活に寄り添うAI・人工知能の利用例|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

テレビや新聞、インターネットなどでAI・人工知能という言葉を目にしたり耳にしたりする機会が多くなりました。そのため、多くの方にとってAIという言葉は聞き馴染みのあるものになっているのではないでしょうか。また、「AIを詳しく理解しているわけではないけど、大まかには理解できている」という方も多いかと思います。

そんな、私たちにとって身近な存在となりつつあるAIですが、具体的にどのような場面で利用され、どのような役割を果たしているのでしょうか。今回は、私たちの生活に寄り添うAIの利用例について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■そもそもAI・人工知能って何?

■そもそもAI・人工知能って何?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

AI・人工知能がどのようなものか、何となくイメージできている方は多いかと思いますが、具体的に説明できる方は決して多くないのではないでしょうか。そのため、まずはAIの基本的な情報から詳しくご紹介していきます。

AIとは、人間の脳が行っている知的活動を同じように行うコンピューターシステムのことです。一般的なコンピューターの場合、プログラムされた通りの処理を行うことしかできません。ただ、AIの場合は人間と同じように自ら認識、学習、判断、予測などを行うことができます。そのため、状況に応じて柔軟に予測を立てたり、相手によって異なる提案をしたりすることができるのです。

また、AIは大量のデータを分析し、予測する作業も得意としていますので、人間以上に素早く膨大なデータの処理を行い、学習していくことができるわけです。さらにAIは人間のように体調やモチベーションによって作業の質に差が生まれることはありませんから、業務によっては人間より遥かに高いパフォーマンスを実現することも可能です。

では、具体的にAIはどのような場所で利用されているのでしょうか。ここからは、AIの利用例を詳しくみていきましょう。

 

■AI・人工知能の利用例

■AI・人工知能の利用例|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

 

・AIの利用例1:自動車の自動運転

近年はさまざまな自動車メーカーが自動運転に力を入れていますが、この自動運転技術にもAIが用いられているのです。その仕組みとしては、画像認識や音声認識の機能によって取得した情報(通行人の位置、対向車の位置、信号の色、標識など)を認知したり、停車中の車が動き出したのを察知したりと、人間が運転を行う際に必要となる情報を取得するというものです。

人間の場合、通行人や標識を見落としてしまい事故が起きるケースも少なくありませんが、AIは高い精度で学習を続けていけば、人間が見落としそうな情報も的確に取得することができるようになるため、より事故の少ない環境を実現できる可能性が高くなります。

もちろん、自動運転であれば人間のドライバーにとって避けられない「疲労」という問題も心配する必要がありません。そのため、AIを活用した自動運転というのは、交通事故の少ない社会を実現する上で欠かせない存在といっても過言ではないのです。

 

・AIの利用例2:お掃除ロボット

既に実用化されているAIの利用例としては、お掃除ロボットが挙げられるでしょう。AIが搭載されているお掃除ロボットは、内蔵されているセンサーによって障害物を避けることができる仕組みになっており、家具を傷つけることなく部屋をきれいにすることができます。

また、部屋の間取りや家具の位置を設定することができるお掃除ロボットも存在しており、その機能を活用すればロボットが同じ道を通らずに効率良く掃除させることも可能です。基本的にお掃除ロボットは、掃除が終わると充電器のある場所まで自ら戻る仕組みになっているため、「外出中に掃除をしてもらい、帰宅した時には部屋がきれいになっている」といった効率的な生活を実現することができます。これも、AIが搭載されているロボットだからこそ実現できることのひとつです。

 

・AIの利用例3:工場における不良品検知

日々大量に商品が製造される工場の現場においても、AIが利用されています。その代表例としては、画像認識技術による不良品検知が挙げられるでしょう。これまで、工場で行われる不良品の識別作業は基本的に従業員の目視によって行われていました。そのため、熟練の従業員であれば少ないミスで不良品の識別を行うことができますが、経験の浅い従業員の場合はミスが起きてしまうケースも少なくなかったのです。また、熟練の従業員が退職してしまうケースも多いため、一人ひとりの作業の質を安定させることは決して簡単ではありません。

しかし、そこにAIを活用した不良品検知システムを導入すれば、AIが自動で不良品を識別することができるようになります。AIは大量のデータを分析し、予測する作業に長けていますから、あらかじめ大量の正常な商品画像を学習させておけば、不良品が製造ラインに流れてきた場合でも瞬時に察知することができるのです。

そして何より、この不良品検知の作業をAIに任せることができれば省人化を図れるため、よりクリエイティブな作業に多くの人員を割くこともできるようになります。こういった形で、「AIに任せても良い作業」と「人間が行うべき作業」の棲み分けを行えるのは、極めて大きなメリットといえるのではないでしょうか。

 

・AIの利用例4:クレジットカードの不正使用検知

クレジットカードの不正使用を確実に検知するためには、一人ひとりの使用状況をモニタリングしたり、使用パターンを把握したりすることが重要になります。しかし、それらの作業を担当者がアナログで行うのは極めて難しいでしょう。そのため、多くのクレジットカード会社では、AIにユーザーの利用パターンや不正使用時のパターンなどを学習させ、不正使用の可能性が高い行動を検知しているのです。もし不正使用が疑われる場合には、そのカードのユーザーに連絡がいく仕組みになっています。
ちなみにAIは学習データが増えるにつれて精度も向上していきますので、今後さらに不正使用検知の精度は高まっていくでしょう。

 

■AI・人工知能は今後さらに進化していく

今回は、私たちにとって身近な存在となりつつあるAI・人工知能の利用例についてご紹介しました。すでに私たちの日常生活においてもAIが活用されているということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

とはいえ、AIはまだまだ進化を続けている最中であり、今後さらに画期的なシステムが実用化される可能性も十分に考えられます。そのようなシステムが実用化された際にしっかりと使いこなしていくためにも、この機会にAI・人工知能の知識を深めていってみてはいかがでしょうか。

 

AIの導入活用事例を見る

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求