AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

2020/1/17

AI・人工知能を導入することによって生まれるメリット・デメリットとは?

  • AIサービス
  • 編集部記事

AI・人工知能を導入することによって生まれるデメリットとは?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

AI・人工知能技術の進歩に伴い、教育やビジネスの現場に人工知能を導入するケースが多くなっています。特に最近は、働き手不足を課題とする企業が多いため、業務効率化に貢献する人工知能への注目度が高まっているのです。

そんな人工知能ですが、導入することで得られるメリットが数多く存在する反面で、いくつかデメリットが存在することも忘れてはなりません。人工知能の導入を検討していく上では、メリット・デメリットの両面をしっかりと理解しておくことが大切です。そこで今回は、人工知能を導入するメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■AI(人工知能)の導入によって得られるメリット

■AI(人工知能)の導入によって得られるメリット|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

まずは、人工知能を導入することによって得られるメリットを詳しくみていきましょう。

 

・業務の効率化によって労働力不足を解消できる

ビジネスの現場に人工知能を導入すれば、これまで人間が行っていた業務を人工知能に任せることができるようになります。もちろん、すべての業務を人工知能に任せることはできませんが、人工知能に任せられる業務の数は多くなっているため、働き手不足という問題を抱えている企業にとっては大きなメリットといえるでしょう。
また、過酷な労働環境である「きつい」「汚い」「危険」を指す「3K」の仕事においても、人工知能に任せることが可能になります。そのため、人間へのリスクを軽減させられるというメリットもあるわけです。

 

・生産性の向上が期待できる

人間の場合、業務の質を一定に保つことは決して簡単ではありません。一人ひとりの経験やスキルによって業務の質に差が生まれることもありますし、体調やモチベーションなどが業務の質に影響を与える場合もあるのです。
その点、人工知能であれば体調やモチベーションなどに左右されることはありません。また、ほぼ100%といえる正確性で業務を遂行していけるため、ミスによるタイムロスを大幅に減らせるのです。
そして、人工知能の活用によって生産性が向上されれば人間の負担が大幅に軽減されるため、新たな事業に着手する余裕も生まれるかもしれません。

 

・市場のニーズをいち早く把握することができる

人工知能が最も得意としているのは、大量のデータを分析し、予測する業務です。そのため、市場や顧客のニーズを的確に把握したい場合などに有効活用できるでしょう。また、市場のニーズを正確に把握した上で事業を展開していけば顧客満足度を高めやすくできるため、企業のブランド力向上にもつなげられるのです。

 

■人工知能を導入するデメリットとは?

■人工知能を導入するデメリットとは?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

人工知能を導入することで得られるメリットは、数多く存在することがお分かりいただけたかと思います。しかし、デメリットが存在しないわけではありません。デメリットを把握した上でメリットを最大限享受していくことが大切になりますので、ここからはデメリットについても詳しくみていきましょう。

 

・雇用が減ってしまう

「労働力不足を解消できる」という点をメリットとして紹介しましたが、これは捉え方によっては「人間の仕事がなくなる」ということでもあります。現段階では人間が行っている業務も、将来的には人工知能が担う可能性があるわけです。特に、ドライバー業や工事関連業などの技術職に関しては、人工知能がメインになっていく可能性が高いでしょう。
ただ、すべての業務を人工知能が担うようになる可能性は極めて低いといわれています。なぜなら、創造力が求められるクリエイティブな業務に関しては、人工知能より人間のほうが得意だからです。そのため、クリエイティブな仕事に関しては雇用ニーズが高まっていくことが予想されています。

 

・情報漏洩のリスクを伴う

人工知能を活用する場合、ネットワークを利用して顧客情報などの機密情報を取り扱うことになります。それは非常に便利なことではありますが、外部からハッキングされたり、情報漏洩したりするリスクがあるため注意が必要です。場合によっては、内部の人間によって情報漏洩が起こる可能性もあります。そのため、人工知能を活用する際は専門知識を持った担当者を常駐させることが大切になるでしょう。

 

・リスクマネジメントが難しい

人工知能の管理に問題が生じた場合、その人工知能に関わっているすべての工程がストップしてしまう可能性があります。つまり場合によっては、人工知能に問題が生じただけで会社が機能しなくなってしまうケースも考えられるわけです。
そのため、「もし人工知能に問題が生じた場合にはどのような対策を取るか」についてを導入前の段階から明確にしておくことが必要になるでしょう。

 

■人工知能と人間が共存することは可能なのか

このように、人工知能には多くのメリットがある一方で、デメリットも存在します。そのため、メリット・デメリットの両面を把握した上で、メリットを最大限に享受できるような体制を整えていくことが重要といえるでしょう。

また、人工知能に対して、「人間の仕事はすべて人工知能に奪われてしまうのではないか」といった危機感を抱いていた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、先ほどもご紹介したように、人工知能が得意としているのは「大量のデータを分析し、予測すること」であり、「自ら新しいものを生み出していくこと」は得意ではありません。

そのため、クリエイティブな仕事に関しては、これからも人間が担っていくことになるでしょう。つまり、人工知能と人間は共存していく可能性が高いといえます。

とはいえ、人工知能はまだまだ発展途上の技術であり、今後さらに革新的なAIサービスが生まれる可能性もあります。そのようなサービスが生まれた際に有効活用していくためには、人工知能に関する知識が必要不可欠になります。

そのため、人工知能の導入を検討している企業であれば、社員一人ひとりが人工知能の知識を養う機会を設けるなどして、生産性向上につなげていくことが大切といえるでしょう。人工知能の知識を養っていくことこそが、人工知能のデメリットを補うための第一歩といっても過言ではありません。
ぜひこの機会に、人工知能を活用している企業やサービスと向き合ってみてはいかがでしょうか。

(参照:プログラミング教室検索サイトのジュニアプログラミング 人工知能のメリット・デメリットとは?暮らしや仕事はどう変わる?)

 

AIの導入活用事例を見る

 

この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求