AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

最終更新日:2020/3/11

AI検索システム カオスマップ 2020 を公開

  • 業種・業態

人工知能を搭載したサービスの資料請求ができるAIポータルメディア「AIsmiley」は、検索システムのAIをまとめた「AI検索システムカオスマップ2020」を作成・公開します。掲載数は合計で60サービス。

■AI検索システムカオスマップ2020

AI検索システム カオスマップ 2020 を公開

 

■AI検索システムとは?

AI検索システムとは、AIが調べたい情報を従来よりも高速・高精度で検索することができるシステムのことを言います。顧客からの問い合わせや社員からのよくある質問に自動応答し自己解決に導きます。AI検索システムは企業内のあらゆるデータを管理・共有することができ、建設業界では過去の類似した図面を検索したり、コールセンターではオペレーター支援にマニュアルを全文検索したりするなど、従来の検索システムより便利で正確に進化しています。

 

■AI検索システムカオスマップ作成の背景

AIsmileyでは、これまでAIサービスの機能や価格を比較検討できる「AIチャットボット比較表」や「画像認識AIカオスマップ」などをはじめとした、AI導入を検討している企業のために製品情報を提供してきました。今回の「AI検索システムカオスマップ」もAI企業各社の公開情報を基にAIsmileyが独自の視点で取りまとめたもので、国内で利用可能な検索エンジン・検索機能を備えたFAQサービスのうち、導入が進んでいる5つの利用目的に分類し、60のサービスを一覧化し、マッピングしたものです。

これまでのカオスマップでは、開発者視点での機能や学習方法など、技術的な側面で分類される傾向でしたが、このAI検索システムカオスマップでは、導入の目的からAI検索システムを探せるようにしました。

2020年1月現在、日本国内における最先端のAI検索エンジンを搭載した検索システムを導入の目的別に俯瞰できる唯一のカオスマップとなります。

 

■AI検索システムの市場動向

近年、ビジネスシーンでAI検索システムの導入が進みはじめた理由の1つには、中核の技術となっている自然言語処理技術の進化があります。ますます進む情報化社会において、企業には膨大なデータが蓄積され続けています。第3次AIブームの時流を受けて、企業の最も大切なデータ資産をビジネス価値に変えるために、データの管理・分析・共有などにAIの技術を活用しようという取り組みが広がり、以前と比べてより高速で大量のテキストデータを処理する自然言語技術が登場し始めました。

自然言語処理が進化したといっても、未だに属人的な情報やノウハウ、現場の知見などのデータ資産を会社全体にビジネス価値として共有するのが難しいことにかわりはありません。きっかけは、2015年頃、LINEを皮切りに爆発的な広がりを見せたチャットサービスの展開により、便利なAIチャットボットの活用が検討され始めました。しかし、AIチャットボットを導入後、実際に運用してみると「回答の精度が低い」「探している文書が見つからない」といったユーザーの声があがりました。「会話」を得意とするAIチャットボットより、目的の情報を「探す」ことに特化したAI検索エンジンの機運が高まりました。

そんな中、2019年4月に施行された「働き方改革関連法」を受けて、限られた勤務時間に目的の情報を見つけるための「探す時間」の削減は、企業にとって重要な課題となってきており、検索システムのニーズは日増しに高まっています。

人手不足が進み、生産性の向上が求められる昨今において、「探す時間」を大幅に削減できるAI搭載の検索システムは、企業の業績にも大きな影響を与えようとしています。


■AI検索システムカオスマップの入手方法

AI検索システムベンダー一覧(Excel)

 

「大サイズのカオスマップ」と上記「AI検索システムベンダー一覧(Excel)」をお求めの企業担当者様は、下記の手順に沿って資料請求ください。

 

下記の「AI検索システムのサービス比較と企業一覧を見る」ボタンより、一覧ページに飛んでいただき、「検索システムを全て無料で資料請求」もしくは興味のある製品を選択し、資料請求ボタンをクリックします。

2、お問い合わせフォームへ移動後、必要項目を入力して送信してください。

3、入力されたメールアドレス宛にお問い合わせ受付確認メールが自動送信されます。

4、AIsmileyの担当より「AI検索システムカオスマップとベンダー一覧(Excel)」をメールにて送付させていただきます。

 

AI検索システムのサービス比較と企業一覧を見る

 

※本資料はAI検索システムの導入を検討している企業に対して配布しております。同業他社・競合他社への提供はしておりませんので、あしからずご了承ください。

※このカオスマップはAI検索システム提供企業のプレスリリースや製品オフィシャルサイト、導入実績などの公開情報を基にAIsmiley編集部が独自の主点で取りまとめたもので、網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求