AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

2019/11/25

AI投資が主流に? AIによる株価予測の仕組みとメリット・デメリット

  • 業種・業態
  • 編集部記事

AI投資が主流に? AIによる株価予測の仕組みとメリット・デメリット|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

近年、さまざまな分野での導入が進んでいるAIですが、その中でも特に注目を集める分野としては「株取引」が挙げられるでしょう。AIが過去のデータを収集・分析し、株価の予想を行うというものです。最近では自動で取引まで行ってくれるアプリも存在するなど、より利便性が高まりつつあります。

しかし、このAIによる株価予測はどの程度の精度なのでしょうか。その部分に不安や疑問を持たれている方も決して少なくないかと思います。そこで今回は、AIによる株価予測の仕組みについてご紹介していくとともに、そのメリット・デメリットについても解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

■AIが株価を予測する仕組みとは?

■AIが株価を予測する仕組みとは?|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

AIが株価の予測を行う際には、過去の株価に関するデータを収集します。そして、その収集したデータをもとに、株価が上がるのか、それとも下がるのかといった予測を行っていくわけです。AIは常に学習(過去のデータ収集)を繰り返し行っていくため、その学習データが蓄積されていくほど、より高い精度で予測を行える可能性が高まります。

人間による株価予測においては、「ローソク足のパターン」などが予測における判断材料のひとつになっているため、そのパターンをより多くデータとして収集していくことで、AIも「人間はどのように予測するか」といったものを算出できるようになるのです。むしろ、パターン化されている形であれば、AIのほうが正確に株価予測を行えるといっても過言ではありません。

しかし、AIによる株価予測にはメリットだけでなくデメリットも存在します。ここからは、具体的にどのようなメリット・デメリットがあるのかをみていきましょう。

(参照:チャートナビ AIでチャート分析、今後の高値メドを教えてくれる『高値予測AI』)

 

■AIによる株価予測のメリット

■AIによる株価予測のメリット|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

AIによる株価予測を活用する大きなメリットとしては、「知識や経験の浅い人であっても、投資すべき銘柄をAIが選択してくれる」という点が挙げられます。当然、長年株式投資を行ってきており経験も豊富な人であれば、自身で分析を行い、投資すべき銘柄を選択していくことも可能です。しかし、投資の経験が浅い人の場合は、「そもそも何に投資すれば良いのか分からない」といった状況になってしまうのも無理はありません。

その点、AIによる株価予測を活用すれば、自分の投資金額に見合った銘柄をAIが選択してくれるため、損失を避けられる可能性が高まるわけです。もちろん、AIによる株価予測の的中率は100%ではないため、確実に利益を得られるわけではありません。しかし、何も分からぬまま適当に銘柄を選択するのであれば、データ分析によって導き出されたAIの提案を参考にする方法のほうが有効といえるでしょう。

また、「手数料を抑えられる」という点も大きなメリットのひとつです。投資信託のような証券会社に資産運用を任せる方法の場合、投資に関する知識が少なくても特に問題はありませんが、手数料がかかってしまいます。

それに比べ、AIによる株価予測は投資信託のように「証券会社で働く人の人件費」はかかりません。そのため、相対的に手数料を抑えることができるのです。一般的に、投資信託の手数料は年間2〜4%ほどとされていますが、AIを活用した投資であれば年間1%ほどなので、大きく異なることがお分かりいただけるでしょう。

(参照:biborock 【1分でわかる】賢いAIでラクラク儲かる!AI投資とは(特徴やおすすめアプリなど))

 

■AIによる株価予測のデメリット

■AIによる株価予測のデメリット|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

一方、AIによる株価予測のデメリットとしては、「自分自身で銘柄の選択を行う場合と比べて手数料が高額になること」が挙げられるでしょう。先ほど、投資信託と比べれば手数料を抑えられることをメリットとして挙げましたが、当然もっとも手数料を抑えられるのは「自分自身の手で銘柄を選択していくこと」に他なりません。そのため、自分で銘柄の選択を行っていくことを視野に入れている人からすれば、AIの株価予測にかかる手数料はデメリットと言わざるを得ないでしょう。

しかし、それはあくまでも「自分で適切な銘柄を選択できること」が前提になります。いくら手数料を抑えられるとしても、選択した銘柄が適切なものではなく、損失を生んでしまっては意味がありません。そのため、場合によっては自分で銘柄を選択することのほうが大きなデメリットになる可能性もあるのです。

そのため、まずは自分自身にとってどのような方法での投資がもっとも適しているのか、しっかりと見極めていくことが大切になるでしょう。

また、もう一点のデメリットとして、「利益が少なくなる傾向にある」ということが挙げられます。一般的に、AIによる投資は大きな利益を得ることを目的にはしておらず、「リスクを分散させた上で小さな利益を積み上げていくこと」にフォーカスしている傾向にあります。そのため、短期間で多額の損失を生んでしまうリスクは低いものの、一気に利益を得られる可能性も低いというわけです。

したがって、リスクを抑えたい人にとってはデメリットにあたりませんが、短期間で一気に利益を上げたいという考えをお持ちの方にとってはデメリットといえるでしょう。

(参照:biborock 始める前に知っておきたい!AI投資のデメリットとは?徹底調査!)

 

■中には株価予測的中率80%を超えるAIも

このように、メリットとデメリットの両面が存在するAIの株価予測ですが、最近では高い的中率を叩き出しているAI株価予測サービスも登場しています。そのひとつが、「Phantom株価予報AIエンジン」というサービスです。

この「Phantom株価予報AIエンジン」は、独自に開発されたAIが過去の株価チャートなどを学習し、将来的な株価の予測を行うというものです。AIがトレンドの分析を行い、未来の株価を計算していくという仕組みになっているわけですが、過去1年間の日経225銘柄でテストした際には、驚異の「的中率80%以上」という結果を残しました。

また、「Phantom株価予報AIエンジン」では株価予測だけでなく、「ここまで株価が下がったら押し目買いすべき」「ここまで株価が上がったら空売りすべき」といった売買のタイミングまで詳しく提案してくれます。こういった提案まで受けられるサービスは、株式投資の経験が浅い人にとっては有効な判断材料のひとつになるといえるのではないでしょうか。

AIの技術が進歩するにつれて、株式投資の分野においてもAIを活用したサービスが多く提供され始めています。より堅実に資産を構築していくための手段のひとつとして、AIによる株価予測を検討してみる価値もあるかもしれません。

(参照:マネー現代 驚異の的中率80%超え「AI株価予測」今週の6銘柄)

 

予測AIのサービス比較と企業一覧を見る

 

このAI記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter でAIポータルメディアAIsmileyを
この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求