AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AIsmiley編集部記事

最終更新日:2019/11/8

【AI展示会レポート】人工知能ビジネスAI2019@ビックサイトへ行ってきました


【AI展示会レポート】人工知能ビジネスAI2019@ビックサイトへ行ってきました|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

こんにちは。AIsmiley編集部の齊藤です。
今週水曜からビックサイトにて開催されている「人工知能ビジネスAI 2019」に行ってまいりました。本イベントでは人工知能やそれに関わる技術を持ち合わせた全国の企業が集結し、更なる未来向けた発展性のある空間を演出しています。各AIブースを回ってきた中で感じた事やAIを活用したサービスや技術を提供している5社をピックアップしてレポートさせて頂きます。

1、AI-OCRの「Jijilla」多様な紙データをデジタル化し作業の効率化を推進します

○出展企業:株式会社アジラ

○AIプロダクト名:AI-OCR「Jijilla」

先日AI-OCR「ジジラ」をリリースしたasilla社のブース。紙に書かれている図式やメモ書きをそのままデータ化出来る。かつ、簡単な操作で誰でも使えて業務効率が向上するというもの。

現在はよりスムーズに、そしてクッキリとデータで表示出来る様に改良を重ねたり、様々なビジネスシーンで利用されている多様な帳票にも対応可能になっているとのこと。特に罫線や枠がない場所に書かれている文字も正確に読み取れるという事で場所を選ばず導入が出来るという強みを持っています。
 

AI-OCRのサービス比較と企業一覧を見る

 


2、AIチャットボットで無駄な運用コストをかけずに、各種SNSツールと連携出来、ユーザー毎に最適化されたコミュニケーションを実現

○出展AI企業:株式会社NTTビズリンク

○AIプロダクト名:ビズリンクAIチャットボット

株式会社ビズリンク社のブースでは「AIチャットボット」を展示。

「ビズリンクAIチャットボット」は、人工知能を搭載した高性能チャットボットです。自然言語で自動応答する学習機能や、スムーズに有人応答に切り替える機能などを備えています。また、回答内容の精度に応じて対応や類似した質問も候補表示でき、よりスムーズなコミュニケーションを実現します。

 

チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る

 


3、ソリューション、高速検索、テキスト分析、などの各種ツールで、SEO対策や業務の効率化と新たな価値創造を支援する

○出展企業:SCREENICTアドバンストシステムソリューションズ

○AIプロダクト名:AI-Search
 

SCREENICTアドバンストシステムソリューションズ社は、業務効率を行うソリューションやAIによる高速検索、テキスト分析を行う製品を提供しています。

ソリューションでは屋内での位置情報やインフラ、画像認識による自動補正を行えます。またAIによる高速検索では検索対象の文書からキーワードを生成して検索時間を削減出来ます。更に大量の文書を読み込ませる事で、社内にあるファイルや情報資産の管理及び分類の最適化を効率化してくれます。

 

AI検索システムのサービス比較と企業一覧を見る

 


4、勤怠管理や勤務に必要な書類もひとまとめでスッキリ管理してくれる!

○出展企業:株式会社マネーフォワード

○AIプロダクト名:MoneyForwardクラウド給与

株式会社MoneyForward社は、従業員の日々の出退勤の記録や給与計算はもちろん必要な書類も一括で管理できるツールを提供しています。

比較的知られているツールではあるが、特徴的なのは日々の記録を人工知能が学習し、入力の手間が少なくなっていきます。また、様々サービスと連携もできデータ入力の手間も大きく短縮出来ます。そしてパソコンだけでなく携帯端末からもアクセスできるので場所を選ばず迅速な対応が可能になります。その際、AIチャットボットや訪問によるサポートも整っているので、急いでいる中でのトラブル対応も万全です。

 

チャットボットのサービス比較と企業一覧を見る

 


5、DaaS導入による働き方の1つであるテレワークの実現とセキュリティの保護

○出展企業:日商エレクトロニクス株式会社

○AIプロダクト名:VDI on Azure

日商エレクトロニクス株式会社は働き方の1つであるテレワークをDaaSの導入により実現するというもので働き方のエキスポに出展されている。

DaaSとはソフトウェア、データ、OSなどをクラウド上で管理しPC端末には情報は残らない環境の事で、その為、オフィスに居なくとも場所を選ばず社内のデータにアクセスでき、作業する事が出来ます。また、サーバーの見える化やセキュリティの課題とシステム運用の可視化も行います。働き方に課題を感じているならば最適なサービスと言えるのではないでしょうか。

 
人工知能/ビジネスAI 2019
主催:日経BP社
会期:2019年10月09日 ~ 2019年10月11日
会場:東京ビッグサイト
 

この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求