AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

業態業種別-AIの導入活用事例-

2019/10/10

農業やアパレルにも!AIを用いた画像解析の事例


農業やアパレルにも!AIを用いた画像解析の事例|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

AI・人工知能を活用した画像解析技術は日々進歩しており、最近ではさまざまな業界で導入されつつあります。ただ、具体的にどのような形で画像解析技術が活用されているのか、なかなかイメージできないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、AIを用いた画像解析の事例について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■画像解析AIの事例1:Amazon Rekognition

画像解析AIの事例1:Amazon Rekognition|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

Amazon Rekognitionは、動画分析や画像分析を追加することができるAPIです。Amazonの動画・画像認識機能を利用できるため、画像解析に関する知識が少ない場合であっても手軽に画像解析を行うことができます。画像解析の制度は日々向上しており、現在では1枚の画像から最大100人の顔を検出してタグ付けを行うことも可能です。

カメラマンなどは、数多くの写真の中から目当ての写真を探し出すだけでも時間を要してしまいます。しかし、この技術を活用することで、リストから写真を選択する際の手間を大幅に削減することができるのです。

(参照:aws Amazon Rekognition アプリケーションにインテリジェントなイメージと動画分析を簡単に追加。)

 

■画像解析AIの事例2:農業では収穫タイミングの見極めに貢献

農業とAIは対極の存在のように感じられるかもしれませんが、最近は農業の分野においてもAIを用いた画像解析が導入されています。作物の病気をいち早く発見したり、適切な収穫のタイミングを見極めたりするために、AIによる画像解析が活用されているのです。

これまで、農業においては日照時間や天候などの影響を受けることが非常に多く、それらに対応するためには経験や知識などが必要不可欠でした。そのため、経験をしっかりと積んだ人でなければ臨機応変に対応できず、上質な作物を収穫できないケースも少なくなかったのです。しかし、近年は画像データを蓄積していくことで、AIが病変や収穫タイミングを適切に判断できるようになりつつあります。

画像解析AIの事例2:農業では収穫タイミングの見極めに貢献|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

人手不足が深刻化している現代のなかでも、農業はとくに人手不足が問題視されている業界でもあります。そのような農業界にAIの技術を活用していくことで、人手不足を補える可能性が高まるのです。天候などの変化をしっかりと見極められるほどの経験を積むことは決して簡単ではなく、多くの時間を必要とします。だからこそ、AIの画像解析によって科学的に適切な手段を選択できるようになれば、農業が活性化していくきっかけにもなり得るのではないでしょうか。

 

■画像解析AIの事例3:アパレル業界ではAIがトレンドを分析

AIを用いた画像解析は、アパレル業界でも導入されています。たとえば、SNSに投稿されている画像のハッシュタグなどから、国の情報やアイテムの情報などを取得することで、それぞれの国の流行にどのような違いがあるかを比較することが可能です。

画像解析AIの事例3:アパレル業界ではAIがトレンドを分析|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

昨今のアパレル業界においては、戦略を立てていく上で「日本以外の国ではどのようなファッションが流行しているのか」といったデータを収集することが重要な課題になります。このようなデータを手作業で収集するのは決して簡単なことではありません。それをAIの画像解析に任せることで、別の作業に力を注ぐ余裕が生まれるというわけです。

(参照:株式会社ジャパン・カレント AI画像解析レポートの活用事例(アパレル))

 

■AIの画像解析は「働き方」をさらに効率化する

このように、AIはさまざまな業界の「働き方」をより効率的なものにする力を秘めています。AIに任せられるものが増えれば労働力の確保が容易になりますし、場合によっては今以上に品質の向上が期待できるでしょう。

これまでは属人化しなければならない業務も多々ありましたが、AIの技術も日々向上しているため、今後さらにAIに任せられる業務も増えていくことが予想されます。

また、最近ではAIを活用したサービスを提供している企業も増えているため、必ずしも自社で専門知識を持つ担当者を抱える必要はありません。人手不足が叫ばれる現在だからこそ、この機会にAIの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

画像認識・解析のサービス比較と企業一覧を見る

 

この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求