AIsmiley Magazine

AIsmiley編集部によるAI・人工知能サービスの導入事例や活用事例などの情報を記事にしてお届けします

AI・人工知能サービス

最終更新日:2019/10/8

マーケティングオートメーションのツール比較!比較表から最適なMAツールを選ぼう


マーケティングオートメーションのツール比較!比較表から最適なMAツールを選ぼう|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

マーケティングにおいて効果をもたらすツールとして、「マーケティングオートメーション」が注目を集めています。このマーケティングオートメーションとはどのような機能を持ったものなのでしょうか。また、どのようなポイントに注目して自社に最適なツールを選択すれば良いのでしょうか。
今回は、比較表を交えてマーケティングオートメーション・MAツールの比較を行っていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

■MAツールとは?

マーケティングオートメーションとは、マーケティングおける「集客」「販促」「顧客管理」といった業務のオートメーション化(自動化)を図る取り組みのことを指します。つまり、そのオートメーション化を助けるためのツールが「マーケティングオートメーションツール(MAツール)」ということです。

自動化を図るためのツールですので、当然「業務効率の改善」という点はMAツールのメリットのひとつといえるでしょう。ただし、メリットはそれだけではありません。たとえば、メールマガジンによる販促を行っている企業の場合、「メールマガジンの開封率」や「メールマガジンからの購入率」などを数値化することが可能です。

これらを参考に、「どのようなメールを送った時に開封率や購入率が高まるのか」をスコアリングすることで、売り上げの向上へとつなげていくことができるのです。それによって業務の負担軽減はもちろん、より業績を上げるための手段としても大きな効果が期待できることがお分かりいただけるでしょう。

 

■MAツールの比較表

現在は数多くのMAツールが販売されており、それぞれ異なる特徴を持っています。そのため、自社にとって最適な機能を備えているツールを選択しなければ、思うような効果が得られない可能性があるのです。そのような事態を避けるためにも、それぞれのツールの特徴を理解した上でツールを選択することが重要です。今回は、MAツールの比較表をご用意しましたので、ぜひ参考にして比較検討してみてください。

MAツール名 価格 特徴
アクティブコアマーケティングクラウド 要お問い合わせ 1画面で分析・レコメンド・マーケティングオートメーションを完結できる
Adobe Marketing Cloud 要お問い合わせ あらゆるコンテンツを動的かつスムーズに管理できる
HubSpot Starter:月額:6,000円
Professional:月額:96,000円
世界100ヶ国以上の64,500社がHubSpotソリューションを活用
Pardot Growth:月額:150,000円
Plus:月額:300,000円
見込み客の動向追跡や営業キャンペーン追跡などの機能で見込み客のフォローアップをより的確にできる
SHANON MARKETING PLATFORM XSプラン:月額:25,000円(基本プラン)
XLプラン:月額:265,000円(基本プラン)
導入企業700社以上。統合型マーケティング支援SaaS市場で7年連続シェアNo.1
SATORI 月額:100,000円(基本プラン) 匿名の顧客にもアプローチが可能なため、実名のみのアプローチと比べてアプローチ対象が6.5倍に拡大
(参照:アクティブコアオフィシャルサイト)
(参照:ADOBE MARKETING CLOUDオフィシャルサイト)
(参照:HubSpotオフィシャルサイト)
(参照:salesforce Pardotオフィシャルサイト)
(参照:SHANONオフィシャルサイト)
(参照:SATORIオフィシャルサイト)

 

■MAツールの導入はデメリットも把握した上で比較検討しよう

MAツールの導入はデメリットも把握した上で比較検討しよう|人工知能を搭載した製品・サービスの比較一覧・導入活用事例・資料請求が無料でできるAIポータルメディア

MAツールにはさまざまな機能が備わっており、ツールごとに異なる魅力が詰まっています。しかし、導入するデメリットが一切存在しないというわけではありません。上記のMAツール比較表をご覧いただければわかるように、ツールを導入するには少なからず導入費用が必要になります。

月額数万円から利用できるMAツールもありますが、より多くの機能が備わっているツールは、月額数十万円という場合もあります。

「自社に見合った機能が備わっているか」という点をしっかりと照らし合わせた上で比較検討し導入することが重要です。

また、優秀なMAツールを導入できたとしても、そのツールをしっかりと使いこなせる人材がいなければ思うような効果は望めません。したがって、MAツール運用担当者の確保や育成なども視野に入れながら、導入を検討していくことをおすすめします。

 

MAツールのサービス比較と企業一覧を見る

 

この記事で紹介されたAIサービスを無料で資料請求